当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸福と不幸

『この地球上で、幸福の量と不幸の量は、
いったいどちらが多いのだろう。』


  今日(6/23)の朝日新聞「天声人語」より、
  東京で開かれている世界報道写真展を見た
  筆者の言葉です。

  報道写真を見ていると、
  「世界は不幸に満ちている」という思いに
  胸が痛む。

  戦火、飢え、暗殺、逃げまどう人々・・・
  どれも昨年起きた事。
  と、あります。







昨日テレビで見た宮沢和史さんの唄が、
思い起こされました。


『幸せは 悲しみを知る人に 降りてくる♪』



きっと、そう。

きっと。
スポンサーサイト

国民総幸福量

━━━━━━━━━━
「国民総幸福量」

-----------------------
GNPは国民総生産。PのProductをH(Happiness)に置換えたのが、
「国民総幸福量」です。

1972年、弱冠16歳という若さで即位した国王のもと、ヒマラヤ
の秘境ブータン王国が「国民総幸福量」という価値観を国是とし、
世界の中で異例ともいえるこのヴィジョンに真剣に取り組んだ。

ブータン王国は総人口70万人足らずの農業国で、起伏の激しい
国土の総面積は九州程度。

『「国民総幸福量」の概念はこう説かれている。目的と手段を混同
してはいけない。経済成長自体が国家の目標であってはならない。
目標はただひとつ、国民の幸せに尽きる。経済成長は幸せを求め
るために必要な数多い手段のうちのひとつでしかない。…』
(「選択」5月号「ブータン発「国民総幸福量」という価値観」より)

つまり、ブータン王国では人間中心の政策をとっている。
その根底にはチベット仏教の「利他心」がある。それは、全ての生き
とし生けるものに対し、思いやりと親愛の情をもって接することであ
り、全ては相互に依存しあって生きていることを自覚することである。

どうすれば他者を苦しみから救うことができるのか、どうすればよ
りよい心の平安が得られるのかを考え、自らが行動する。そうして
得られた他者の幸せはやがて自らの喜びとなってはね反ってくる。
ブータン王国はこの心の豊かさに重点を置き、それを追求し、
30年経過した今、年率平均7%前後の高度経済成長を持続させて
いる。

注視した世界のエコノミストは、ブータン王国へ現地調査に赴いた。
『彼らは、情緒体験の感動に打たれ、皆口を揃えたように、
  「自分の心のふるさとに帰ったように思えてならない。」
と報告しはじめた。』
(以上、[1]より)

━━━━━━━━━━
日本の場合…そして心の救世主

-----------------------
(引き続き、[1]より)

日本は近代化を推進するうえで目的と手段を見誤ったようである。
ひたすらに高度経済成長を追求した結果、物質的豊かさは十二分に
得られはしたが、心はないがしろ、置き去りにされ、今日の日本人の
精神的退廃は押して知るべしである。
かつての安全神話は崩れ去り、社会不安は増大の一途をたどり、
か弱き小さきものへの虐待は歯止めが効かず、年間3万人以上と
いわれる自殺者も後を絶たず、この国から心の豊かさは消え失せ
ようとしている。

経済的豊かさにより私たちは自由を勝ち得たように思ったが、私た
ちは勝手気ままに行動することにより、お金さえあればひとりでも
生きていけると思い上がった。そうして他者に対する想像力の欠如
が生まれた。利他心や慈悲心をなくし、自己中心的な考えしかでき
なくなった。お互いが持ちつ持たれつの相互依存で生きていること
など私たちはすっかり忘れてしまった。

日本という国の再生に向けて私たちがしなければならないのは、
ブータン王国のような人間中心の政策をとることである。そのため
には、私たちひとりひとりの『心の中にある救世主』
まず覚醒する必要があると私は思うが、どうか。

━━━━━━━━━━
国民総幸福量と幸せ未来学

-----------------------
最後の問いかけ。「と私は思うが、どうか。」に対する私の答えは、
「まったくその通り」です。みなさんはいかがですか?

ふっと気づいた事があります。
私たちが目指す未来の理想像は経済成長前の姿にあり。

  「未来の姿は、過去の姿」

だとすると…、
「未来の姿が見えない、見当もつかない」より、気が楽になりませんか?
もちろん、過去の姿や心を取り戻すのは容易なことではありませんが。
「歴史は繰り返される」とも言いますし。いい意味で。

[2]からブータンの写真が見られます。
それは、私が幼い頃、昭和の頃に馴染んだ風景に似ています。今でも
みなさんの生まれ故郷に残っている風情ではありませんか?

今号も最後までご精読ありがとうございました。


◆ 出典・参考

[1].「国民総幸福量」という人間中心の価値観
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/k6/160530.htm

[2].第12話 国民総幸福量(Gross National Happiness)
http://eco.goo.ne.jp/life/world/bhutan/report12/01.html


**最後までお読みいただきありがとうございます**

上記は、
拙者メルマガ 【幸せ未来学】vol.16 ~国民総幸福量~ 
からの引用でした。


最近、
ブータンで、初の総選挙が行なわれました。
急速に先進国文化が流入しているそうです。

  ・携帯やテレビが普及
  ・子供たちはテレビを見て勉強しなくなった
  ・子供たちは民族衣装を着なくなった

急激な変化に大人たちは戸惑っています。



どんなに発展しても、どんなに便利になっても、

『心の中にある救世主』だけは

見失わずにいてほしいものです。

地球温暖化対策と昭和

久しぶりに。
拙者メルマガからの引用です。



   【幸せ未来学】vol.33 ~地球温暖化対策と昭和~



━━━━━━━━━━
SAVE THE FUTURE

---------------------

先週末の2日間、NHK総合TVで「SAVE THE FUTURE(未来を救え)」
と題する番組を1日10時間ぐらいやっていました。ご覧になりました?

地球温暖化・CO2排出問題に関して、さまざまな角度からの取材や討論
が放映されていて。

その中で、とても興味深いシーンがあったのでご紹介します。
それは、当メルマガ「幸せ未来学」にも関連する内容だったので。。


━━━━━━━━━━
CO2排出削減 実験

---------------------

まず、
「家庭内のCO2排出を、50%削減することは可能か?」を、ある家庭で
実験したビデオが流れます。

目標を達成するために家族3人がしたことは。。

・TV → 我慢して0時間
・パソコン → 我慢して0時間
・掃除 → 掃除機ではなくモップで
・食器洗い → 食洗機でなく手洗いで
・お父さん昼飯は、一旦帰宅して自宅で。またはお弁当で。
・夜は電気を極力つけない。その代わり、手回し懐中電灯。
・TVもないので2時間くらい早く就寝。

以上のような努力により、50%どころか62%の削減を達成したの
でした。パチパチパチッ!!


━━━━━━━━━━
あなたはライフスタイルを変えられますか?

---------------------

場面はスタジオに変わって、上記の実験を見ていた一般の参加者に
質問。
 
 「あなたはCO2改善のためにライフスタイルを変えられますか?」

1.変えられる と答えた方たちの意見は、
・頑張って変えていかざるを得ない。
・やろうとする心が大切
・すでに脱サラして自給自足生活をしている。

一方で、
2.変えられない と答えた方たちは、
・近所にコンビニが5軒ある。コンビニなしでは生きていけない。
・仕事も時間もお金もタイトな中で変えるのは難しい。
・便利で楽になった今、何十年前に帰れっていったって絶対無理。
・個人のレベルでは難しい。
・システムを変えないと難しい。

みなさんはいかがですか?
私としては、「変えられるけど難しい」です。


━━━━━━━━━━
CO2削減生活と昭和三十代生活

---------------------

「幸せな未来」とは、いっそのこと「昭和三十年代」に戻っちゃえばいいと
最近私は思っていました。その頃の生活とは。。

・TVはないか、あっても深夜まではやっていない。TVゲームはなし。
・パソコンなし
・食洗機なし
・お父さん昼飯はお弁当
・原則、早寝早起き

どうでしょう。62%削減を達成した家庭の生活に似てますね。


━━━━━━━━━━
「心の再生」と「エネルギー見直し」

---------------------

元々、「心の荒廃」を憂い、「心の再生」を唱えている当メルマガ。
そのために、もう一度「昭和三十年代」を見直そうとしています。
図らずも、それは「地球温暖化対策」にも通じているようです。

 ・心を取りもどし   → 人に優しく  ひいては、地球に優しく
 ・エネルギーを見直し → 地球に優しく ひいては、人に優しく


高度の技術や経済力を手に入れた私たち人間が、足元を見直す
良い機会なのかもしれません。
焦らず、じっくり、継続的に取り組みたいものです。


これからの未来。
 ・便利で有益なものに--->何でも頼って生きるか
 ・便利で有益なものに--->なるべく頼らないで生きるか

子供たちにも大人たちにも重要な選択であるような気がします。

今号も最後までご精読ありがとうございました。


◆ 参考

[1]昭和三十年代主義 ― もう成長しない日本
http://tinyurl.com/6mgsam

便利と不便

最近思ったこと。

世の中、下(↓)の方向へ進んでる。(下の表のようなもの参照)


  便利:タバコの自販機 ⇔ 不便:お店で対面で買う
  ↓
  不都合:未成年が買う
  ↓
  対策:タスポ(成人に配布する成人証明カード)
  ↓
  対策の不都合:自販機をタスポ対応するための費用負担



  便利:携帯インターネット ⇔ 不便:携帯は通話&メールだけ
  ↓
  不都合:裏サイト、誹謗中傷
  ↓
  対策:フィルタリング。携帯は小中学卒業してから。
  ↓
  対策の不都合:自分のサイトがシャットアウト。携帯売れなくなる。



下の方向、「対策の対策の対策」……が、増えていく。
その度に、誰かが働いて、CO2排出して、地球環境悪化させて…。

「便利」になることによる不都合や悪影響は、よ~くチェックしなきゃね。
チェックの際、最優先に考えなきゃいけないこと。それは、

 ・地球のこと
 ・地球により長く住む子供たちのこと

で、撤退・撤収して「不便」になってもいいんだよ。(上表 ⇔ の方向)
前はそうだったんだから。改善した後にまた「便利」を目指せばいい。



何かいい例ないかなあ?と考えたら、「車や電化製品のリコール」。
不具合が見つかったら即座に回収する(はずの?) リコール。
何億円 損してもやりますよね。 で、改善した後にまた市場投入。

  企業では確固たる信念と決断が必要なはず。
  社会からの信用を回復&維持するために。

社会の中でも、「リコール制度」あってもいい。ないからみんな困る。
そのためには、

  国家として確固たる信念と決断が必要なはず。
  国際社会からの信用を回復&維持するために。


話が大きくなっちゃたけど、結局そんな風に思うんだけどなあ。

海岸BBQ

今日は町内会BBQ。

昨日の雨とはうって変わっていい天気。

CA390057x50.jpg

海岸BBQ。 透き通るような海。

みんなの笑い。、笑い。わらい。

お腹・・・いっぱい。

CA390043x50.jpg

BBQに忙しく、写真は海だらけ。。



にほんブログ村 家族ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

↑ ☆ にほんブログ村 ☆
・・・・色々な方のブログが見られます



| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。