当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮いた時間はどこへ

小生発行のメルマガ 最新号です。


【幸せ未来学】vol.52 ~浮いた時間はどこへ~

━━━━━━━━━━
世界偉人伝
---------------------
小学生の頃、図書室に全20巻くらい「世界偉人伝シリーズ」がありました。

それらを一冊づつ順番に全部読破した記憶が、私にはあります。なぜか覚えているのです。

「エジソン、マゼラン、キュリー夫人、コロンブス、野口英世…。」

読み進むうちに、誰か大人に質問しました。

『昔の人はこんなに色々なものを発明したり発見したりしてるから、ボクが大人になる頃にはもう発見する事なんて無くなってるんじゃないの?』

父だったか、母だったか、兄だったか? 

大人は微笑むだけではっきりとは答えてくれませんでした。


━━━━━━━━━━
そんなに働かなくってもいい?
---------------------
その頃だったか、もう少し大きくなってからか、こうも思いました。

『世の中、ドンドン便利になって、ボクが大人になる頃には、そんなに働かなくてよくなってるんじゃないかなあ』って。

今となっては「笑い話」ですが、今でも私はあの頃の思いを覚えているのです。

みなさんは、そんな風に考えたことはありませんか?


新しい発明、発見などの新技術は、私たちをより楽にしてくれるはずだった。

骨折りや労苦の時間を省いてくれる。時間を「浮かしてくれる」はずのものだった。

なのに、「浮いている」時間は私たちの周りには見当たらない。

なぜでしょうか?


━━━━━━━━━━
浮いた時間はどこへ?
---------------------
答えの一端を見つけました。

20世紀を代表する技術、自動車。その自動車について、文明評論家のザックスさんはこう言っています。[1]


たとえば、Aさんが車を買います。

これまでの通勤、子どもの送り迎え、買い物の際の不便がこれで解消します。

つまり、これらの用事が、もっと速く、簡単に(より短い時間と労力で)できる、とAさんは考えていたはず。

しかし、彼はそこでホッとして、車のおかげで浮いた時間は余暇としてのんびりと楽しむかといえば、それはおそらく違います。

せっかく車という便利なものがあるのだからと、せっせといろいろな所に、もっと頻繁に出かけるようになるでしょう。

車があるのだから、今まで行けなかったような不便な場所や遠い所へも出かけていこう、と。

だから、自動車という新技術を手に入れたAさんは、いっこうに忙しいばかりで、「浮いた時間」を手にすることはないのです。

『人間の欲望は限りがない』ということなのでしょうか?


━━━━━━━━━━
スローライフとファストライフ
---------------------
このところ、今号も、スローライフについて考察しています。

とはいっても、発行人の私は、平日は都会の企業人。日頃は、スローライフとは真逆のファストライフを余儀なくされています。みなさんもきっと同じことでしょう。

最近こう考えるのです。

今の時代は、ファストライフからスローライフへの過渡期の時代。徐々にスピードをゆるめていく(べき)時代。

だから、昼間はファストライフ人、それ以外はスローライフ人。

そんな2面性を持って、この世知辛い世の中、ファストライフ一辺倒な世の中を過ごしていくのも、楽しいんじゃないかなあって。意義あるんじゃないかなあって。

そして、「浮いた時間」は、できることなら有意義に、スローに活用していけたらなあって。

そんな風に考えているのです。


今号も最後までご精読ありがとうございました。


◆ 出典・参考
1.スロー・イズ・ビューティフル―遅さとしての文化 (平凡社ライブラリー)
http://tinyurl.com/3o4fe9
スポンサーサイト

北海道に東京何個?

日本の地理に興味が出だした次女(小4)。

ある日の質問。




「東京と北海道って、どっちが人多いの?」

  「東京だよ」


「東京って小さいのに、いっぱいいるんだね」
「じゃあ、北海道に東京、何個くらい入る?」

  「(ざっと考えて)10個くらいかな」


「じゃあ、東京の人の10倍くらい北海道に住めるんだ」

  「そうすると、北海道のあの自然、なくなっちゃうかもね」


「(一同)・・・」





あとで、調べてみたら。

・東京都  2,187.58km²
・北海道 83,456.38km²   
  
ざっと、40個入る大きさでしたあ。




競争の意義

久しぶりに、小生発行のメルマガの最新号です。


【幸せ未来学】vol.49 ~競争の意義~

━━━━━━━━━━
障害物競走
---------------------
「お父さんは走るの速くなかったから徒競走ではなかなか1番になれなかったけど、障害物競走でたまたまウマくいって、1番になったことがあるんだ。あの時は嬉しかったなあ。」

「ふーん」

運動会を楽しみにしている小学4年の次女との会話です。

━━━━━━━━━━
大切なのは?
---------------------
途中に障害や罠があって、それを乗り越えていく障害物競走は、「人生」のようなものかもしれませんね。

ただ、障害物競走は走者全員に共通な障害物が立ちはだかりますが、実際の人生では、人それぞれに障害物の数や大きさが違います。

重要なことは、その障害物を「いかに乗り越えようとするか」。
時間がかかってもいい。誰かに頼ってもいい。乗り越えようとする「意志」が大切な気がします。

4年前のアテネオリンピック。金メダリストがドーピングで失格となり、繰上げで金メダルを獲得したハンマー投げの室伏広治さん。金メダルの数に一喜一憂する世間に対してこんなコメントを残していました。

 「大切なのは、金メダルを獲ることではない。金メダルを獲ろうと努力する過程が、大切なのです。」

親子2代に渡って世界的なアスリートの言葉。含蓄がありますね。
人生の障害物競走も、乗り越えようと努力する過程が大切なのでしょう。

━━━━━━━━━━
学力の競争
---------------------
競争と言えば、学力の競争もあります。

国際的な学力調査「国際学習到達度調査(PISA)」では、日本は低迷を続けています。世界一はフィンランド。
福田誠治・都留文科大教授は、フィンランドの教育の神髄を2つあげています。[1]

1.正解を先回りして教えない

理科の授業では、まず実験。様々な現象を見させて、各自が仮説をたてる。自分とは違う意見にも耳を傾け、もう一度考えてみる。教師が理論を説明するのは一番最後。正解を先に教えると、その時点で思考が止まってしまう。

2.他人と競わせないこと

競争させると順位に関心が向いて、考えることの興味がそがれる。テストは各自がどこでつまづいているかを確認し、補うためのもの。

フィンランドセンター所長は、こう言います。
 「競争させて順位をつけて、何かいいことがありますか」
 「下の子はやる気をなくし、上の子は自分が優秀だと思い込む。どちらの人生にとってもいい影響はないでしょう」と。

━━━━━━━━━━
競争の意義?
---------------------
フィンランドセンター所長の「競争させて順位をつけて、何かいいことがありますか」という言葉。深く考えさせられます。

ここ日本では、幼いころは「学力競争」。大人になってからは「出世競争」や「売上競争」。「競争」に急き立てられているとも言えます。

「競争」していいことは、本当はあまり無いのかもしれません。「競争」に意義を求めるとすれば、
 『今の順位を確認し、次はどうすればより上位になれるかを考え努力する』
そんな前向きな心を養えればいいのかなと思います。

まさに室伏さんが言うように、
 「金メダルは結果でしかなく、その過程が大切」なのでしょう。


気づいたことがあります。
  
  オリンピックで金メダルを目指せる人は、ごく限られた人ですが…、何かの目標に向け努力する過程は、誰でも万人が楽しむことができる。

それと、

  競争を『あくどく』勝ち抜こうとするところに、昨今巷で散見される「不正」や「偽装」が芽生えてしまうのではないでしょか。


今号も最後までご精読ありがとうございました。


◆ 出典・参考
1.朝日新聞 2008/1/7 社説「アポロ13号に教育を学ぶ」
(全文は下記に。但し閲覧はPCのみ可)
http://www.asahi.com/shimbun/teigen/teigen11.html

◆ あとがき
ちなみに、フィンランドなど北欧の大学の授業料はタダ。確か留学生もタダ。未来を拓く子供たちを大切にしている象徴だそうです。

家の娘達にも「北欧の大学に留学もいいんじゃない?」と勧めたことがありますが、今のところ親元からは離れたくないらしく、軽~く却下されちゃいました。

それでは、次号もお楽しみに。

技術は進化、人間は退化?

先日、年配の方にこう言われてドキッとしました。その通りだなあって。

 『昔は仕事がきつくて、食事は質素で…メタボなんて少なかった』

 『今は仕事が楽で、食事は豪華で…だからメタボになっちゃうんだ』



それで、思いつくまま、「今」と「昔」を書き出してみました。

左が「今」で右が「昔」です。



だからどうって訳じゃありません。

ただ、右だけを追っていくと、

『人間が動いてたなあ。頭使ってたなあ。』って感じがします。


☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  

 「今」          「昔」

・情報伝達

 テレビ         ラジオ、新聞、瓦版


・娯楽

 テレビ         本

 テレビゲーム     トランプ


・学問

 インターネット     参考書

 塾            独学


・家事
 
 洗濯機         洗濯板 

 食洗機         洗剤、スポンジ

 お掃除ロボット     ほうき、ちりとり


・移動

 自動車         自転車、馬車、徒歩

 カーナビ        地図


・食事

 ファーストフード    手作り
 冷凍食品 
 

・温度調節

 暖房装置        火
 
 冷房装置        打ち水

☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆


左方向への「技術」はさらに進化します。テレビが地デジになるように。

一方の「人間」は…?







このまま退化しちゃうんでしょうか?

それで大丈夫なんでしょうか?







と、

私自身、インターネットなど今の便利さに浸りながら、

ふとそんなことを考えました。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。