当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せ未来学 vol.106 ~小さな手、大きな力~

小生が発行しているメルマガ【幸せ未来学】。
100号から順次こちらに載せています。どうぞお気軽にご覧ください。
(09/12/20発行号)



いつもお読みいただきありがとうございます。山桜花男です。


12月に入って、世の中では様々なことが起こっているように感じます。

普天間基地の移設問題もその一つ。

鳩山内閣は決着を来年に先送りし、移転先を再検討するといっています。


■戦後65年■

来年。戦後65年。

「日本の米軍基地、なくならないかなあ」と思ってみても、問題はそう簡単ではなく。


米国は、現在の日米同盟をこう主張します。


『総額5兆円、国内総生産(GDP)比1%たらずの防衛予算でこれだけの抑止力と安全を手に入れられているのは、日米同盟のおかげ』だと。[1]


65年前。降伏した日本。小さな国、ニッポン。

非力さと問題の複雑さを感じていたら…、同じ日の別のページで次のような記事に出会いました。


■洗濯物と小さな手■

会社員兼お母さんの投書。タイトルは「洗濯物と小さな手」です。[2]


育児休業から復帰して8ヶ月。会社から帰って保育園のお迎え、夕食作り、掃除、洗濯、皿洗い、翌日の準備に寝かしつけと、毎日が時間との闘いです。

子どもたちの遊び相手になることもなかなかできません。疲れがたまって気持ちにも余裕がなく、感情をぶつけてしまうこともあります。

「何でお母さん、怒ってばかりなの」という4歳半の言葉にハッと我に返り、「こんな毎日でいいのか」と自責の念にかられることもあります。


そんなある日、夕食後に各部屋の掃除をすませ、疲れた足取りでリビングに戻ると、取り込んでそのままにしてあった洗濯物を、娘が小さな手で一つ一つ、畳んでくれていました。

その横で、2歳半の息子がさらに小さな手で、見よう見まねで懸命に洗濯物を畳んでいます。


思わず涙がこぼれ、子どもたちを抱きしめて泣いてしまいました。

すると子どもたちは口々に「お母さん、大丈夫だよ」「お手伝いするからね」と言い、小さな手で背中をさすってくれたのです。


子育てしながら仕事をしていくことは、親だけでなく、子どもにとっても大きな試練です。

でも、お互いにかけがえのない宝物を見つける旅でもあるように思えます。

忙しい毎日の中で、これからも輝くような発見をしていきたいです。


■小さな手、大きな力■

子育てはたいへんなこと。働きながらなら、なおさら。

「時間と闘い、自責の念にかられるお母さんっていっぱいいるんだろうなあ」と想像しています。


そして。

小さな手の小さな力が、大きな大人の心を動かしています。


「小さな手」には何が宿っていたのでしょう?

・大好きなお母さんと仲良くなりたい
・大好きなお母さんの役に立ちたい
・そのために自分にできることは?

そんな無邪気で無垢な思い。

それは、つらく苦しい時間を耐え、考えに考えぬいた思いだったのかもしれません。



複雑な利害関係のなか、権謀術数を弄しがちな国際社会ではありますが。

「小さな手」のもつ無邪気な「大きな力」に、私たち大人・大人社会は何かを教えられる気がしませんか?

そう。幸せな未来のために。


今号も最後までご精読ありがとうございました。



◆出典・参考
[1]朝日新聞 2009/12/16 
「同盟像語り 日米に信頼を」
編集委員・加藤陽一さん

[2]朝日新聞 2009/12/16 生活面『ひととき』欄
「洗濯物と小さな手」
東京都品川区 大山さん 38歳 会社員


◆アンケート
今号の内容はいかがでしたか?おもしろかった役立ったと思う方は是非クリックをお願いします(↓)
http://clap.mag2.com/slourelaro?091220kiji
クリック先からメッセージを頂けるとさらに嬉しいです。


◆あとがき
年末年始に際し、次週・次々週はお休みし、次号は1/10(日)の予定とさせていただきます。

拙い内容ではありますが、1年間お付き合い頂きありがとうございました。

来年も「幸せな未来のため大切なことは何だろう?」をテーマに、みなさんと歩んでいくことを楽しみにしています。

どうぞ、素敵な新年をお迎えください。

ありがとうございました。



【塾HP】~幸せ未来塾~ http://k2.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/siawase_mirai/
スポンサーサイト

幸せ未来学 vol.105 ~歴史に学ぶ~.

小生が発行しているメルマガ【幸せ未来学】。
100号から順次こちらに載せています。どうぞお気軽にご覧ください。
(09/12/13発行号)



いつもお読みいただきありがとうございます。山桜花男です。


先週はまたお休みしてごめんなさい。師走に入りなにかと忙しなく。

お待ちかねのみなさんを思い浮かべてなるべく週刊を守りたいと思っているのですが…、時々はお許しください~。


■今年の手帳■

師走。今年の手帳を見返しています。らくがき帳というかネタ帳も。


■あれから50年■

今年。「あれから50年」経ったのがいろいろあったそうです。

・伊勢湾台風
・ON誕生(王さんと長島さんのコンビ)
・東京タワー
・フジテレビ開局
・ヘルスメーター発売
・三種の神器(白黒テレビ、洗濯機、冷蔵庫)
・日産自動車野球部(50年目で休部)

そして、

・新春かくし芸大会 47年の歴史に幕(来年が最後)



「50年の歴史」

来年は、私が社会に出てから25年目。

50年のうちの半分、25年は、社会人として歴史に立ち会ってきたのだなあと思うと、不思議な感じもします。

みなさんはいかがですか?


■歴史が忘れられていく■

天皇陛下の即位20年を祝う記念式典が11月12日に行われました。

記者会見で、日本の将来への心配を問われ、陛下は、

「私がむしろ心配なのは、次第に過去の歴史が忘れられていくのではないかということです」と切り出して、第2次世界大戦に至る昭和前半の道のりを回顧。

「昭和の六十有余年は様々な教訓を与えてくれます。過去の歴史的事実を十分に知って、未来に備えることが大切と思います」と締めくくった。[1]



「歴史が忘れられていく」

忘れ去ってはなりませんが、残念ながら薄れていくことは確かかもしれません。

薄れていっても無くしちゃならないもの、大切なことって何かなあって考えてみました。



『心』

ものを大切にする心、人を大切にする心。

使い捨てではなく、思いやり。

戦後の耐乏時代には普通にあった心。少なくとも今よりは。


ものを大切にすると…地球に優しくなり

ひとを大切にすると…戦争が嫌いになる


単純論かもしれませんが、いつの時代も大切な気がします。


■歴史に学ぶ■

『愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ』と言います。

あれから50年の歴史。昭和の歴史。

良きところは引継ぎ、悪しきところは改める、繰り返さない。


「歴史」から何を学ぶか?

国家にとっても個人にとってもとても大切な気がします。

そう。幸せな未来のために。


今号も最後までご精読ありがとうございました。



◆出典・参考
[1]asahi.com(朝日新聞社):「心配なのは歴史が忘れられること」天皇陛下即位20年


◆アンケート
今号の内容はいかがでしたか?おもしろかった役立ったと思う方は是非クリックをお願いします(↓)
http://clap.mag2.com/slourelaro?091213kiji
クリック先からメッセージを頂けるとさらに嬉しいです。


◆あとがき
クリスマスの準備はお済みですか?忘年会は?
寒くなってきました。体調管理にはくれぐれもご注意を。


それでは、次号もお楽しみに。



【塾HP】~幸せ未来塾~ http://k2.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/siawase_mirai/

.

幸せ未来学 vol.104 ~涙いろいろ~

小生が発行しているメルマガ【幸せ未来学】。
100号から順次こちらに載せています。どうぞお気軽にご覧ください。
(09/11/29発行号)



いつもお読みいただきありがとうございます。山桜花男です。

先週はお休みして失礼しました。3連休でちょっとまとまったことを家でやってるとあっという間に時間が過ぎてしまうものですね。

また、ゆるゆると再開しますね。


■涙■

「お姉ちゃん今日、5回も泣いちゃったんだって~」


・吹奏楽部の卒団式で後輩からお手紙もらったり

・クラス対抗の合唱コンクールで優秀賞もらったり

いろいろあって、いろいろ「涙」だった模様で…。


感動の涙、うれし涙、かなし涙、どんどん流しなさい、流しなさい。

「涙は心の汗、青春の証」


心の中でつぶやく私でした。



私自身の涙腺がゆるんだ「涙」にまつわるお話しをご紹介します。


■妹に嬉し涙教えた兄弟愛■[1]

共働きの長男宅から「小1の娘が熱を出して学校を休んでいるので独りになる時間だけ来て欲しい」と連絡を受け、駆けつけました。


孫娘は解熱剤で微熱になっていました。3時間ほどして中1のお兄ちゃんが帰宅したので、私も夕方の勤めがあるのでバス停へ。

そこで電話すると、39度5分に熱が上がっているとのこと。びっくりして勤めを休み、引き返しました。


お兄ちゃんは嫁の母からの電話指示で氷水でタオルを冷やし妹の脇下に入れていました。小4のお兄ちゃんは水分を摂らせなくては、
と近所の店から健康飲料を購入。兄弟がかいがいしく看病をしています。


小康状態を得て、「お兄ちゃんが名前を呼んで、頑張れ、熱を全部お兄ちゃんにうつせと言われて悲しくなって泣いた」と孫娘。

私は胸が熱くなり「それは悲しい涙ではなく、励ましてくれたお兄ちゃんにありがとうの嬉し涙ね」と聞かせました。

季節性インフルエンザでしたが、孫たちの兄弟愛に感激させられました。


■美しい兄弟愛■

兄弟愛に感激させられたお話しに感激させられた…わたし。


『全部お兄ちゃんにうつせ』『かいがいしいお兄ちゃん達』『涙する妹』

みんな必死な姿が目に見えるようで、その姿に感動してしまいますね。


こんなことを幼いうちに経験しているときっと…、

人の痛みがわかる、出来ることなら代わってあげたいと思う、そんな心優しい大人に育っていくんじゃないかなあ。


■涙・感動・幸せ■

考えてみると…

こうした「感動」の場面は、実はいつもいろいろなところで起こりうるわけで。

それに気づく人もいれば、まったく気づかない人もいる。気づいても気づかない振りをする人も。


「涙する」「感動する」

それは何も恥じることではなくて、むしろ『幸せ』なこと。


■2種類の幸せ■

・頑張って頑張って、何かを我慢して、また頑張ってやっと得る「幸せ」。

・ふとした出来事に感じる、ふとした「感動」「幸せ」。


2種類の幸せがあるとすると…、


前者は前者でありがたいのでしょうが、めったにお目にかかれるものではなく。

後者は、きっと思いがけないところに、でも結構いろんなところに転がっているもので。

そういった幸せに「気がつくか気がつかないか」。「気がついてあげられるか」。

日々の生活を楽しむ上で、結構大切なポイントのような気がしてきます。


みなさんは最近何かに感動しましたか?何かに泣きましたか?


今号も最後までご精読ありがとうございました。



◆出典・参考
[1]2009/11/5(木)朝日新聞 16面 「声」欄
「妹に嬉し涙教えた兄弟愛」
千葉県 北澤さん 女性 58歳


◆アンケート
今号の内容はいかがでしたか?おもしろかった役立ったと思う方は是非クリックをお願いします(↓)
http://clap.mag2.com/slourelaro?091129kiji
クリック先からメッセージを頂けるとさらに嬉しいです。


◆あとがき
「ミニまぐ」でお読みの方へ。来号から文頭に数行の広告が入るようになるそうです。ビックリなさらぬように。

もう師走ですね。早いものですね。


それでは、次号もお楽しみに。



【塾HP】~幸せ未来塾~ http://k2.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/siawase_mirai/

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。