当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめ

最近、小中学生の「いじめによる自殺」が度々報道されている。

福岡の中学2年生の場合、
いじめの発端は、一年の時の担任の言動だったという。

集中的にその子をいじめた理由を問われた同担任は、
「からかいやすいというのはありました」と答えたとのこと。

   あんまりだ。
   残酷だ。

生徒同士ならいざ知らず、大人である担任の心構えがこれでは、
生徒がかわいそすぎる。

ご両親の気持ちを思うと、心が痛む。

---------

そもそも、先生にとって生徒は、からかう対象なのか?
他の生徒への「うけねらい」だったのか?
からかった後の適切なフォロー、その前提となる信頼関係は
あったのか?

本来、生徒はからかう対象なんかじゃない。「育てる」対象だ。
先生より未来を生きる、大切な宝物なのだ。

----------

最近、人間の年代別に思うことがある。

  ・赤ちゃんや子供は、「神様」から授かったもの。

     未来を生きる、未来を拓く重要な存在。だから、
     大切に立派に育てなければならない。

  ・老人は、「神様」に近づいた人。

     「神様」に接する機会は残念ながら無い。だから、
     「神様」に近い人に接した時には、できる限り
     いたわらなければならない。

こう考えると、

子供でも老人でもない我々の責務は非常に重い。

   子供を「からかったり」「いじめたり」する。
   老人を「しいたげたり」「いじめたり」する。

これらは、

極めて重大な罪だと認識しなければならないと思う。


スポンサーサイト

テーマ : 日々出来事 - ジャンル : ライフ

<< 【親道】いじめを無くすには? | ホーム | 【親道】乳児期の子育て2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。