当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【親道】いじめを無くすには?

「健全な子育ては健全な家庭環境に宿る」

今回は、「いじめ」について考えてみたい。

■いじめは昔からあった■

私が小学生の頃も「いじめ」はあった。
身体的特徴をちゃかすケースが多かったように思う。

私の場合、比較的足が短いという身体的特徴から、
「短足」、「短足」と、数人の級友にいじめられた。

逆に、私はを「いじめ」はしなかった。

いじめられる人の「辛さ」がわかっていたから。
いじめる級友たちが「かっこいい」とは思わなかったから。

■いじめより思いやり■

「いじめ」の反対語は?「思いやり」だろうか?

少なくとも、
「思いやり」あふれる人は「いじめ」はしないだろう。

「思いやり」のある人は、相手の嫌がることはしない。
むしろ、相手の気持ちを想像して、それに添った事を
しようとするだろう。

「思いやり」のある子に育てるのは、親の務めだ。

どうやって?

  親が見本を見せる。

これが、最も効果的だと思う。なぜって?

  ・子供は真似をする天才だから。
  ・親の子供への影響は絶大だから。

誰かが言ってた。
「問題児などいない。いるのは問題な親だけだ」と。

裏を返すと。
「良い子は少ない。良い親が少ないからだ」となりそう。

自戒を込めて、あらためてそんな事を考えた


スポンサーサイト

テーマ : 子育て・育児 - ジャンル : ライフ

<< 【親道】しつけ | ホーム | いじめ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。