当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌は心を養う

今日の朝日新聞朝刊。小さなコラム「アジアの街角」からの引用。
「とん族」という民族が住む街の話だった。


  人口3千人。自治州成立50周年を記念し、歌舞団が歌と踊りを
  披露した。

  とん族にとって歌は宝。歌をよく知っていることが教養の証。

  「米(コメ)は体を養い、歌は心を養う」と言われ、子供の頃から
  歌に親しむ。

  しかも、・・・

  とん族には文字がないので、祖父母や両親から子供の世代に
  口伝えで受け継がれる。

  歌詞の題材は、自然や労働、愛、友情などだ。


「米は体を養い、歌は心を養う」という言葉にグッときた。

そうか、歌か、「心を養う」のは。あらためて思った。
日本人も歌が好きな人は多い。なんてたってカラオケ発祥国なのだ。

歌にはメロディの良さもあるが、歌詞に共感する面もある。
恋愛の歌などは歌詞を聞くだけで、自身の経験と重ね合わせ涙ぐむ。
そんな経験をする人は多いだろう。

「涙ぐむ」ことは、心が揺さぶられていることに他ならない。

「歌は心を養う」は、民族を超えて共通なことなのかもしれない。
その歌を先祖代々、口伝えで大切に伝承している「とん族」。
きっと素敵な民族だと思う。

歌の好きな日本人も、「心を養って」素敵な民族でありたいものですね。

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : ライフ

<< 明日は運動会 | ホーム | 【親道】しつけ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。