当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【親道】幼児期の家庭環境

図書館で見つけた本に、「親道」の参考になる文があった。

その本とは、
「日本人の品性」 森隆夫/工藤秀幸編 ぎょうせい刊

掲題の論文を一般募集し、その優秀作が収録された本だ。
共感した論文の一部を下記にご紹介する。

(以下引用)

 「人生のはじまりこそ、至福の時を」 永井三千代さん

   ・・・
   幼児教育に長年携わっていると、家庭での大人の関わり方が、
   子どもの人格形成に大きく影響することがわかる。

   人間として大切に尊ばれて育てられた子は、たとえ2才でも、
   他人の権利を侵害したり、傷つけた場合、毅然と注意すれば、
   十分理解し決してパニックになったりしない。

   さらに喜びや悲しみを共感してくれる大人が常に周りにいると、
   新しい経験も恐れずに果敢に挑戦する。

   そのように、自分を信じて前進していく子どもは、友達にも
   やさしく鷹揚で他人の失敗をあげつらったりしない。

   逆に、家庭において徹底的に大人から言葉で傷つけられ、
   行動を制止されてきた子は、幼くして自信を失い、新しい事に
   対し、「どうせ自分はできない」と、いじけ、他社に対して攻撃的
   になる、友達とのトラブルは避けがたく、大人の目の届かない
   所で、陰湿ないじめをする例が多い。

   ・・・
   家庭において、尊重されるどころか、罵声を浴びせられ、最悪な
   場合、暴力を受けてきた子は、他人にも自分が受けてきた行為を
   そのまま再現してしまう。相手とのコミュニケーションの方法を他に
   知らないからである。

   ・・・
   言語環境の豊かな家庭で育った子は、人とのコミュニケーションの
   とり方が上手だ。・・・ 家庭で、十分に大人に話しを聞いてもらって
   来た子は、自分の気持ちを巧みに表現できるので、いじめなど、
   人として不当な扱いを受けた時、「いやなことはいや」と、はっきり
   告げることができる。また、自分がされて嫌な事は、他人も嫌なのだ
   と理解できる。

   家庭において、夫が妻を、親が子を、兄が弟を「力」で支配する
   関係では、相手を尊重するという心は、決して育たない。

   お互いをかけがいのない存在として、認め合い、共に暮らしを
   支える家族の一員として尊重し合う事が、品性を育てる上で、
   まず大切である。

   ・・・

   「愛情は、愛されることでしか学べない」

(引用終わり)

A、家庭において、人間として尊重されて育てられた子ども
B、家庭において、「力」で支配されて育てられた子ども

自分がAかBどちらのタイプか、どちらに近いかを考えてみる必要が
ありそうだ。

残念ながらBにぴったりだったり近い人も、自分の子どもを育てる際には、
Aを目指してほしいと、心から願う。

自分が経験していない事を実践するのは、大変難しいことだと思う。
だが、敢えてそれに挑戦してほしい。

未来のために。


スポンサーサイト

テーマ : 子育て・育児 - ジャンル : ライフ

<< たがが外れた | ホーム | 【親道】ありがとう >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。