当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たがが外れた

最近、ショッキングな言葉や話しを耳にする。
その度に、胸がつまり、やりきれない思いでいっぱいになる。

■「逃げ道」■

「豊かになった分、逃げ道が多くなったんですよ」

会社の若手社員が、自身のスキルアップの勉強に熱心でない。
その理由を、若手よりちょっと年長者が教えてくれた時の言葉だ。

「熱意を持って専門学校に行って、熱意を持って会社に入ってきたん
だろう。なぜ会社に入ってから自分のために勉強しないんだ?」
との質問に対して、その年長者は教えてくれた。

(「すべての人ではない」と断りを入れた上で、)
「高校卒業に当たり、大学に行く学力もない。すぐに就職もしたくない。
だから専門学校でも行こうっかってノリで、勉強は基本的に嫌いなん
です」
そして、
「今の世の中、豊かになった分、逃げ道が多くなったってことです」と。

■昔は「逃げ道」なんて無かった■

昔、昭和の初めころは、学校に行くのもママならず、兄弟が多い
家庭では、義務教育終えたら、家業を手伝うケースもあった。

「別れの涙、集団就職」だって、昭和の話しだ。

その時代には、「逃げ道」なんかなかった
みんな「生きる」のに精一杯だった。
そうした人達が戦後日本の経済成長を支えてきた。

急速に経済発展を達成した戦後61年。
物質的・経済的には豊かになり、ほとんどの人が上の学校に
行けるようになった、

核家族化が進んだおかげで、兄弟のために自分が犠牲になる
必要も無くなった。

人間は弱いもの。
「逃げ道」が楽そうであれば、そちらへ流れてしまうのか?

■たがが外れた■

「たがが外れてしまった」
と、今の日本の状態を誰かが言い表していた。

「たが」とは、竹を割き、編んで輪にしたもの。桶や樽などの外側
にはめて締めかためるために用いるもの。と辞書にある。

「たがが外れてしまった」とは、「規則や束縛から抜け出ちゃった」
と言える。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
かつては、
    「たがが締まっていた
いつからか、
    「たがが緩み
ついには、
    「たがが外れてしまった
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「たがが外れてしまった」現象は、色々な所で簡単に見つけられる。
国政でも、地方行政でも、企業でも、学校でも、家庭でも。

外れてしまったたがを再び締めなおすには、どうしたらいいのだろう?

う~ん、と考えてしまう。
すぐには答えが出てこない。
だが、答えを探さなくてはならない。

未来のために探さなくてはならない。

スポンサーサイト

テーマ : 昔があるから今がある - ジャンル : ライフ

<< 【親道】考えとく | ホーム | 【親道】幼児期の家庭環境 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。