当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【親道】考えとく

昨夜、二人娘と一緒にお風呂に入った時のこと。

次女(小2)が、
「お風呂から上がったら漢字練習帳買って来てぇ」と言う。
前の練習帳を使い果たし、数日前から欲しかった模様。

私の答えは、
考えとく

気持ちとしては買ってきてあげたいが、風呂から上がって、
買いに行く気分になるか?その時点ではわからなかった。
だから、そういう答えをしておいた。

続けて、私は、
「お父さんの「考えとく」は、50%くらいはずーっと考えてて、
50%くらいは叶えてあげてるんじゃないかな?」と言うと、

すかさず長女(小6)が、
「えーー?70%くらい、ずーっと考えてるんじゃないの?」

『するどい』

小6くらいになると、「考えとく」がだんだん通用しなくなって
きているようだ。

あと数年過ぎると、ほぼ100%通用しなくなり、お父さんに
頼んでも無駄だから、自分でバイトを始めようとするのだろうか?

それはそれで良い。

-----------

考えとく

子どもに物をせがまれた時、私が良く使う答えだ。

なんでもかんでも、子どもに買ってあげるわけにもいかない。
特に高価なものは。でも、買ってあげたいする気持ちもある。
子どもには「我慢」することも、身につけさせなければならない。

そんな入り混じった気持ちを、「考えとく」と表現している。

その答えを聞いた子どもは、「期待半分、あきらめ半分」の
気持ちになるだろう。(小6はあきらめ7割くらいらしいが・・)
少なくとも、「駄目!」よりは、期待が持てる答えだろう。

------------

昨夜は結局、湯上がり気分がおさまったっ頃、車で外出し、
練習帳を買ってきた。

次女から「ありがとう」と言われ、
妻からも「ありがとう」と言われた。

2倍の「ありがとう」で、明日への活力をもらった私。

------------

「○○買ってぇ」
「考えとく」

  ・・・・・(子どもは我慢)
  ・・・・・(親はなんとかやりくり)

  (そして、いつか買ってあげた時に、)

「ありがとう」
「どういたしまして」

------------

当たり前のようだが、そんな日常のやり取りが大切な気がする。
たわいない家族の会話が、子どもにとっても親にとっても大切な
気がする。

スポンサーサイト

テーマ : 子育て・育児 - ジャンル : ライフ

<< 自然と人間 | ホーム | たがが外れた >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。