当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【親道】子供がいじめにあったら

「健全な子育ては健全な家庭環境に宿る」

いじめにまつわる事件が後を絶たない。

自分の子どもが「いじめ」にあったら、親はどうすべきだろうか?

■長女はあっさりと■

昨日、妻が小6の長女に聞いた。

  「学校で、いじめあるの?

  「あるよ

長女は、あっさりと答える。

続けて、

  「でも、いじめられてる子に友達がいるから大丈夫」

妻も私も、それ以上は聞かなかった。聞けなかった。

■いじめを受けた経験■

長女は小3か4年のころ、「いじめ」を受けた経験がある。
クラスのあるグループに無視される「いじめ」だった。
その経験が生きているのかもしれない。

  「友達がいるから大丈夫

長女がいじめを受けていた時、長女にはその悩みを共有
する友達はいなかったように、記憶している。

そのころ、妻と私(特に妻)は、毎日長女の様子を観察し、
機会を見つけて、学校の様子を聞いていた。

長女はややふさぎがちだった。

  「そんなのこっちも無視しちゃおうよ
  「あっちの方が悪いじゃない

長女の話しを聞いて、一緒に考えて、妻は長女を励ました。

長女は、妻の話しを素直に受け入れていた。

私は、妻から毎日、長女の様子を聞いていた。

■その時、思ったこと■

話しの内容からして、相手のグループの方が悪いか変だった。
長女もそれを認識し、妻も同調した。

長女にとっては、それが心の支えだったかもしれない。
毎日、いやがらずに登校していた。

「いじめ」の期間は結構長かった。数ヶ月だったような気がする。

やがて長い長い期間は終わり、長女はいじめグループと和解した。

              ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

その頃、私は心の中でこう叫んでいた。

  「世界中のみんながお前をいじめても、お父さんとお母さんと
   それから妹は、お前の味方だよ」って。

■何千回何万回よりも■

命は大切だ」と何千回何万回言われるよりも、たった一度でも
あなたが大切」と言われて、救われた人がいるという。

  「あなたが大切」

親であれば、言えるはず。

普段は言う必要はない。思っているだけでいい。

子どもが困っている時、悩んでいる時、いじめられている時、
その時を逃さず、言って聞かせたい。

  「世界中の誰もがそう思わなくても、あなたの家族はみんな
   あなたが大切だよ。あなたの味方だよ。いつだって」と。

スポンサーサイト

テーマ : 子育て・育児 - ジャンル : ライフ

<< 【親道】10家族テニス | ホーム | 【親道】お母さんのストレス >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。