当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰宅の遅い子ども

このブログで私は何度か、
お父さんは早く帰宅して、子どもと会話しよう」と言ってきたが・・・。
今朝、ある新聞記事を読んで、「あっ」と思った。

記事によると、

   塾のため、深夜にならないと帰宅しない小学5、6年生。
   夕食は電車の中で、スポーツ飲料とサンドイッチ
   食べ終わると、携帯ゲームを夢中でやっている。

お父さんが早く帰宅しても、子どもが帰っていないのだ。
やっと帰宅しても、子どもも父親もクタクタで、親子の会話は、
もはや望めないだろう。

記事は続けて、

   「君、苦しくないかい」と、その子に聞くと、
   (ちょっと間をおいて、やや涙声で)
   「くるしいけど、しかたない」と言う。

なんともやるせない
自分の子どもに、そんな生活をさせるだろうか?
そんな生活が必要だろうか?塾ってそんなに大切か?
色々なことを考えた。

さらに、記事によると、

   世界中で「塾」があるのは、日本と中国と韓国の
   都市部だけ。アメリカにもヨーロッパにもましてや
   アフリカにも日本のような塾はない。
   日本は異様な国なのだ。

    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

深夜まで塾通いする小学生。
そのまま行けば、偏差値の高い学校に進めるかもしれない。

それでいいのだろうか?
幼いころでしか体得できない何かを身に付けないまま、
大人
になってしまうのではないだろうか?

つい、そんな事が気にかかってしまう。

(引用記事)
2006/11/20(月)朝日新聞9面「時流自論」
『いじめという集団の自傷行為』 藤原新也さん

スポンサーサイト

テーマ : 子育て・育児 - ジャンル : ライフ

<< いじめという自傷行為 | ホーム | がれきから修復 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。