当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何のために

先日、この春に会社を引退された大先輩にお会いした。

先輩との会話のなかで印象的だったのは、

   「俺は、金のために働くって考えたことは一度もなかったよ

だった。

   「じゃ何のために?

って聞くのを忘れてしまったが、おそらくそれは、

   ・会社のために
   ・お客様のために
   ・家族のために
   ・自分の信念を貫くために
   ・自身のプライドのために
   ・自己実現のために
   ・社会に貢献するために

などなど、その時々、様々な「~のために」があったと思う。

その結果として、「金」がもらえてたってことなんだろう。
金が目的になっちゃいけない」って事を伝えたかったのだろうと思う。

-----------------

いつか読んだ新聞記事を思い出した。

スマトラ島沖地震で被災した山奥で暮らしていた人々が、住むところも
無くし、しかたなく都会に出てきた。

しかし、都会暮らしはすぐにイヤになり、苦しくても山奥に戻ると言う。

その時の言葉。

   「お金は生きるための手段でしょ。それが(都会では)目的になってる。

-----------------

「生きるための金」?
「金のために生きる」?

-----------------

「何のために」

   仕事をする際にも、学問をする際にも、何の際にも、
   立ち止まって考えてみる価値はありそうだ。

   きっと、「初心に帰れる」に違いない。

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : ライフ

<< 終日禁煙に思う | ホーム | 【親道】今日もホットケーキ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。