当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【親道】クリスマスツリー

師走である。クリスマスである。

   「今週末、クリスマスツリー飾るんだよね」

この時期恒例のツリー飾りを、娘たちは楽しみにしている。

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

昨日、屋根裏にあるツリーや飾りを降ろすところから始まった。

ツリーを組み立てながら、私はつぶやいた。

   「このツリー、いつ買ったんだっけな?」

   「お姉ちゃんが生まれたころだったね」と妻。

今から12年前だ。

12年間毎年、私達は屋根裏やクローゼットから取り出して、
飾ってきた。結構大変な作業なのだ。

12年前は赤ん坊だった長女。次女は存在していなかった。
赤ん坊を横に置いて、夫婦で飾っていたのだろう。
いつしか子どもも手伝うようになって。

12年後の今年。
長女と次女は、ほとんど自分達で飾る事ができるようになった。

   「上の方だけじゃなくて、下の方にも飾って」
   「わかった」とか言いながら。

私達夫婦は少しだけ楽になった。

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

この先、我が家のクリスマスツリー飾りはいつまで続くのだろう?
会社で若い女性社員に聞いたところ、

   「子どもの頃は毎年飾るの楽しみにしてましたけど、
    最近は飾りませんね」

娘たちが大人になると飾らなくなる?
あるいは、妻に請われて飾ってるかな?

頼まれれば、お父さんは黙って飾る。
家族の成長と年の瀬を感じながら。

スポンサーサイト

テーマ : 子育て・育児 - ジャンル : ライフ

<< 成果主義の是非 | ホーム | 心温まるニュース >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。