当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考える

携帯ゲームを熱心にやってる娘達を見ながらつぶやいた。

   「俺達が子ども時代にはあんな携帯ゲームなんかなくて、
   こんな立派な大人になった(笑)が、これからの子どもたちは
   ゲームばっかりして、立派な大人になれるのかねえ?」

すかさず妻が言う。

   「何言ってるの。子どもの頃テレビばかり見ている私達を見て、
   親は同じこと思ったんじゃない?」

あっそうか。
そうだったね。

----------

ってことは、勉強を妨げるレジャーが多くなるにつれて、
人間はどんどん勉強しなくなる。考えなくなる。

近頃では、情報はすぐに手に入る。
インターネットで一発検索すれば、知りたいことは瞬時に出てくる。

ちょっと前まで、わざわざ図書館に行って本を探してようやく獲得
していたような情報だ。

もっと昔は、本は外国語の原書しかなかったかもしれない。
情報や知識への渇望ある努力家は、原書を読み知識を積み、
考えを膨らましていたのだろう。

----------

考えなくてよくなると、何でも答えをすぐに求めるようになる。

話しは飛ぶが、
中高校生の恋愛で、「携帯メールの返信が遅い」との理由だけで
別れるケースが多いと聞く。

「答えをすぐに求める」傾向が短的に現われているのではないか?

相手が今何をしているか?何を考えてるのか?「考え」を巡らすのも
恋愛のはずなのに…。

----------

もっと勉強するため、考える時間を増やすため、
明治・大正時代の生活環境を再現するのは不可能。
自分はそれを目指しても周囲がそれを許さない。

とすれば、
その時代時代の環境にそった人物しか育たない、現われない
気がしてくる。

なんかさびしい。なんかまずいぞ。

----------

ちょっと支離滅裂。

でも…少なくともこれは言える。

情報を気楽に受け入れるだけでなく、
自分の脳で「考える」ことは、とても大切。
いつも時代も。

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : ライフ

<< 【親道】虐待の心理① | ホーム | 二人のHERO >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。