当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【親道】犠牲と奉仕の精神

今日はカレーライス。ご飯はたくさん必要です。
でも、お釜には残りご飯が少しあります。
ご飯の姿は、カレーの下に隠れます。

家族にご飯を盛る時、あなたならどうしますか?

  1、残りご飯は自分のにして、みんなには新しいのを盛る。
  2、残りご飯は捨て、みんなに新しいのを盛る。

昔の親は1、今の親は2が多いように思います。

1の背景には、
  ①自己犠牲(誰かのために自分は我慢するとか)
  ②倹約(もったいないと思う気持ち)
があります。
どちらも、貧しい時代には「普通」の心でした。

でも今は、
「誰かのために自分が犠牲になるなんて損だ。とんでもない。」
「物なんて簡単に手に入るんだから、古いのは捨てちゃおう。」
とする心や行動が「普通」になってきています。

---------

日本電産の社長、永守重信さんの次の言葉が私は好きです。

  「犠牲と奉仕の精神がなければ、経営者になってはならない」

「経営者」の部分を、「親」や「教師」「上司」に置き換えてもいいと
思います。

-------

「犠牲と奉仕の精神」を、
誰もが「普通」に身に付けることは、どうやら難しい現代。

このままだと、「物は豊かに、心は貧しく」の傾向は止まりません。
それに伴う痛ましい事件も減らないでしょう。

物が乏しくならない限り、心は豊かにならないのでしょうか?


スポンサーサイト

テーマ : 子育て・育児 - ジャンル : ライフ

<< 印象深い言葉 | ホーム | 誰かに言われて… >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。