当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球温暖化対策と昭和

久しぶりに。
拙者メルマガからの引用です。



   【幸せ未来学】vol.33 ~地球温暖化対策と昭和~



━━━━━━━━━━
SAVE THE FUTURE

---------------------

先週末の2日間、NHK総合TVで「SAVE THE FUTURE(未来を救え)」
と題する番組を1日10時間ぐらいやっていました。ご覧になりました?

地球温暖化・CO2排出問題に関して、さまざまな角度からの取材や討論
が放映されていて。

その中で、とても興味深いシーンがあったのでご紹介します。
それは、当メルマガ「幸せ未来学」にも関連する内容だったので。。


━━━━━━━━━━
CO2排出削減 実験

---------------------

まず、
「家庭内のCO2排出を、50%削減することは可能か?」を、ある家庭で
実験したビデオが流れます。

目標を達成するために家族3人がしたことは。。

・TV → 我慢して0時間
・パソコン → 我慢して0時間
・掃除 → 掃除機ではなくモップで
・食器洗い → 食洗機でなく手洗いで
・お父さん昼飯は、一旦帰宅して自宅で。またはお弁当で。
・夜は電気を極力つけない。その代わり、手回し懐中電灯。
・TVもないので2時間くらい早く就寝。

以上のような努力により、50%どころか62%の削減を達成したの
でした。パチパチパチッ!!


━━━━━━━━━━
あなたはライフスタイルを変えられますか?

---------------------

場面はスタジオに変わって、上記の実験を見ていた一般の参加者に
質問。
 
 「あなたはCO2改善のためにライフスタイルを変えられますか?」

1.変えられる と答えた方たちの意見は、
・頑張って変えていかざるを得ない。
・やろうとする心が大切
・すでに脱サラして自給自足生活をしている。

一方で、
2.変えられない と答えた方たちは、
・近所にコンビニが5軒ある。コンビニなしでは生きていけない。
・仕事も時間もお金もタイトな中で変えるのは難しい。
・便利で楽になった今、何十年前に帰れっていったって絶対無理。
・個人のレベルでは難しい。
・システムを変えないと難しい。

みなさんはいかがですか?
私としては、「変えられるけど難しい」です。


━━━━━━━━━━
CO2削減生活と昭和三十代生活

---------------------

「幸せな未来」とは、いっそのこと「昭和三十年代」に戻っちゃえばいいと
最近私は思っていました。その頃の生活とは。。

・TVはないか、あっても深夜まではやっていない。TVゲームはなし。
・パソコンなし
・食洗機なし
・お父さん昼飯はお弁当
・原則、早寝早起き

どうでしょう。62%削減を達成した家庭の生活に似てますね。


━━━━━━━━━━
「心の再生」と「エネルギー見直し」

---------------------

元々、「心の荒廃」を憂い、「心の再生」を唱えている当メルマガ。
そのために、もう一度「昭和三十年代」を見直そうとしています。
図らずも、それは「地球温暖化対策」にも通じているようです。

 ・心を取りもどし   → 人に優しく  ひいては、地球に優しく
 ・エネルギーを見直し → 地球に優しく ひいては、人に優しく


高度の技術や経済力を手に入れた私たち人間が、足元を見直す
良い機会なのかもしれません。
焦らず、じっくり、継続的に取り組みたいものです。


これからの未来。
 ・便利で有益なものに--->何でも頼って生きるか
 ・便利で有益なものに--->なるべく頼らないで生きるか

子供たちにも大人たちにも重要な選択であるような気がします。

今号も最後までご精読ありがとうございました。


◆ 参考

[1]昭和三十年代主義 ― もう成長しない日本
http://tinyurl.com/6mgsam
スポンサーサイト

<< 国民総幸福量 | ホーム | 便利と不便 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。