当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸福と不幸

『この地球上で、幸福の量と不幸の量は、
いったいどちらが多いのだろう。』


  今日(6/23)の朝日新聞「天声人語」より、
  東京で開かれている世界報道写真展を見た
  筆者の言葉です。

  報道写真を見ていると、
  「世界は不幸に満ちている」という思いに
  胸が痛む。

  戦火、飢え、暗殺、逃げまどう人々・・・
  どれも昨年起きた事。
  と、あります。







昨日テレビで見た宮沢和史さんの唄が、
思い起こされました。


『幸せは 悲しみを知る人に 降りてくる♪』



きっと、そう。

きっと。
スポンサーサイト

<< 夜は暗い…はず。 | ホーム | 国民総幸福量 >>


コメント

最後の一言、素敵ですね。
私もそうだと思います。
たとえ、現象が辛くても、その不幸や悲しみを乗り越えた時、いえ、乗り越えられなくとも、その状況の中で自分に与えられているものをたくさん発見できた人こそが幸福なのかなって思います。
もちろん、悲しい出来事はなくなってほしいですけれど・・・。
でも、幸福は、絶対的なものではなくて、相対的なものあですよね。
先進国で何不自由なく暮らしていたって不幸に感じる人がいる。貧しい国で暮らしていたって、幸福に感じる人もいる。
幸福はその人の心の中にあるのでしょうね・・・。

Megiさんへ

いつも素敵なコメントありがとうございます。

>いえ、乗り越えられなくとも・・・
ってあたりが思慮深く、Megiさんっぽくって、いいですね。

「先進国 日本に生まれ育った」
ただそれだけで、もう結構な「幸福」を手にしてますね。私達、日本人は。。

初めましてタイから参りました。素敵なコメントですね。

buakhaauさんへ

はじめまして。
遠い所からコメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。