当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮いた時間はどこへ

小生発行のメルマガ 最新号です。


【幸せ未来学】vol.52 ~浮いた時間はどこへ~

━━━━━━━━━━
世界偉人伝
---------------------
小学生の頃、図書室に全20巻くらい「世界偉人伝シリーズ」がありました。

それらを一冊づつ順番に全部読破した記憶が、私にはあります。なぜか覚えているのです。

「エジソン、マゼラン、キュリー夫人、コロンブス、野口英世…。」

読み進むうちに、誰か大人に質問しました。

『昔の人はこんなに色々なものを発明したり発見したりしてるから、ボクが大人になる頃にはもう発見する事なんて無くなってるんじゃないの?』

父だったか、母だったか、兄だったか? 

大人は微笑むだけではっきりとは答えてくれませんでした。


━━━━━━━━━━
そんなに働かなくってもいい?
---------------------
その頃だったか、もう少し大きくなってからか、こうも思いました。

『世の中、ドンドン便利になって、ボクが大人になる頃には、そんなに働かなくてよくなってるんじゃないかなあ』って。

今となっては「笑い話」ですが、今でも私はあの頃の思いを覚えているのです。

みなさんは、そんな風に考えたことはありませんか?


新しい発明、発見などの新技術は、私たちをより楽にしてくれるはずだった。

骨折りや労苦の時間を省いてくれる。時間を「浮かしてくれる」はずのものだった。

なのに、「浮いている」時間は私たちの周りには見当たらない。

なぜでしょうか?


━━━━━━━━━━
浮いた時間はどこへ?
---------------------
答えの一端を見つけました。

20世紀を代表する技術、自動車。その自動車について、文明評論家のザックスさんはこう言っています。[1]


たとえば、Aさんが車を買います。

これまでの通勤、子どもの送り迎え、買い物の際の不便がこれで解消します。

つまり、これらの用事が、もっと速く、簡単に(より短い時間と労力で)できる、とAさんは考えていたはず。

しかし、彼はそこでホッとして、車のおかげで浮いた時間は余暇としてのんびりと楽しむかといえば、それはおそらく違います。

せっかく車という便利なものがあるのだからと、せっせといろいろな所に、もっと頻繁に出かけるようになるでしょう。

車があるのだから、今まで行けなかったような不便な場所や遠い所へも出かけていこう、と。

だから、自動車という新技術を手に入れたAさんは、いっこうに忙しいばかりで、「浮いた時間」を手にすることはないのです。

『人間の欲望は限りがない』ということなのでしょうか?


━━━━━━━━━━
スローライフとファストライフ
---------------------
このところ、今号も、スローライフについて考察しています。

とはいっても、発行人の私は、平日は都会の企業人。日頃は、スローライフとは真逆のファストライフを余儀なくされています。みなさんもきっと同じことでしょう。

最近こう考えるのです。

今の時代は、ファストライフからスローライフへの過渡期の時代。徐々にスピードをゆるめていく(べき)時代。

だから、昼間はファストライフ人、それ以外はスローライフ人。

そんな2面性を持って、この世知辛い世の中、ファストライフ一辺倒な世の中を過ごしていくのも、楽しいんじゃないかなあって。意義あるんじゃないかなあって。

そして、「浮いた時間」は、できることなら有意義に、スローに活用していけたらなあって。

そんな風に考えているのです。


今号も最後までご精読ありがとうございました。


◆ 出典・参考
1.スロー・イズ・ビューティフル―遅さとしての文化 (平凡社ライブラリー)
http://tinyurl.com/3o4fe9
スポンサーサイト

<< 人類は… | ホーム | 北海道に東京何個? >>


コメント

世界偉人伝私も小学生の頃片っ端から読んだ覚えがあります。
本を読むのが大好きで図書館に入りびたりでした。
最終的には図書委員長にまでなって・・・(笑

彼らの思想や生き方は本当に多くのことを学ばせてくれますよね。
忍耐力、探求力、そして他の人の生活を楽にさせてあげたいといぅ愛の思い。
その思いの強さで理想を現実にまで持っていってしまう信念・・。
何度読んでも彼らの伝記は素晴らしい。
うちの子にも是非読んでもらいたいと思っています。

yukoさんへ

「世界偉人伝」片っ端から…図書委員長!
素晴らしい!!
私は生徒会副会長だったかな?

最近は読書離れの人が多いとか。
読むと面白いのにね~。

幼いうちからの「読み聞かせ」がいいらしいですよ。
うちはやや手遅れかも~??

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。