当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父への手紙

私が小学4年の夏休み、プールで水泳教室がありました。
父は先生として、私は生徒として参加していました。

その最中、ちょっとした騒ぎがありました。
  「プール内にウ○チが落ちてる。」との騒ぎです。
誰かが耐えかねてしちゃったのでしょうね。

小学生たちは興味津々で、
  「どこだどこだ?誰だ誰だ?」と大騒ぎです。

しかし、すぐ次の瞬間、別の声が上がりました。
  「誰かが手ですくい上げて捨てちゃったようだよ。」
  「すくい上げたのは誰だあ?」


それが父だったのです。


友達は、
  「おまえのとうちゃん、ウ○チさわったあ。」と大騒ぎー。

私は恥ずかしい思いも少ししましたが、それよりも、
  「それができるのは父くらいだろうな。」と、
誇らしい思いの方が強かったのを、今でも覚えています。

あの時、騒ぎを収め、水泳教室を継続させるために
何をすべきかを咄嗟に判断し、
人が嫌がることであっても、
自分が正しいと思ったことを
躊躇無く実行
したのですね、父は。

--

ウ○チの話題でごめんなさい・・・。

現在闘病中の父。電話もままならない。
手紙なら読めるだろうと思い、
私から送った「父への手紙」の一節でした。

30年も前の出来事ですが、父も覚えていて、
私のこの手紙を読んで大変喜んでくれました。

にほんブログ村 子育てブログへ
【↑】 にほんブログ村 子育てブログへ…色々あって面白いですよ。
スポンサーサイト

テーマ : 人生について - ジャンル : ライフ

<< 正しい事とたやすい事 | ホーム | はじめまして >>


コメント

見に来てくださったんですね。コメントありがとうございました。よかったらお暇な時はわたしの過去の記事も読んでやってください。これからもよろしくおねがいしますね。コメントってやっぱり励みになります。

明けましておめでとうございます!昨年は心温かいコメントをありがとうございました。お陰で頑張って来れました。どうぞ今年もよろしくお願いします。あなたにとって新しい年が素晴らしい年にありますようにお祈りいたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。