当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やりがいは幸福につながる

日経BP ITproメールマガジン「記者の眼」を読んだ。
題名は「やはり危機に瀕しているIT技術者のモラル」

  ・・・ITエンジニアは、
  お客さんから「ありがとう」の一言があればそれだけで
  頑張ることができる。

  ITエンジニアの「やらされ感」を払拭するには「報酬で報いる
  ことはもちろん大切だが、それだけでうまくいくとは限らない。
  個々のエンジニアに自分は役に立っていると実感させることが
  大切だ。


私としては、「当たり前」のことだと思うんだけど、
今その当たり前のことができない人や上司が増えているって
ホントなんだね。

ましてや今は、成果主義・能力主義の時代。報酬が高い人もいれば
残念ながら低い人もいる。
そういう人も、「ありがとう」、「ごくろうさま」や「助かるよ」
とかの労いの言葉さえかけられれば、働く喜びを感じるだろうにな。
私だったらそういった言葉はありがたく頂戴し、
後輩にもそういう言葉をかけるようにするな。

  (続いて)
  IT業界にモラルを取り戻すには、(中略)ITエンジニア自身が
  やりがいをもって仕事のできる環境が不可欠。
  使う人(社長さん)の利便は確かに大事だが、作る人(エンジニア)
  の幸福があまりにもないがしろにされている。


このブログのタイトルにある「幸福」、やっぱり大事だよね。

 
スポンサーサイト

テーマ : 暮らし・生活 - ジャンル : ライフ

<< 愛国心教育の前に | ホーム | 寛容度ゼロ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。