当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せ未来学 vol.150 ~サケもヒトも~

2月、3月。
受験シーズン、そして卒業・入学シーズンとなりますね。

この季節になると毎年、自分が大学受験で上京したころを思い出します。30年経った今でも。。


■上京、不安、期待■

「近くに食べ物やさんはあるのかな」

「そんなのどこにでもあるよ」

「そこがおいしくなかったらどうするんだよ~」と、お兄さま。

「大丈夫。調べてあります。」と、渡辺謙さん。



いざ上京。

駅で行き先を迷っていると、渡辺謙さんが。

「大丈夫。話しかけて。」

「なかのさかうえ…」

「こちらです」と、渡辺謙さん。

「いよいよだあ」と、本人。

----

以上は、スマートフォンのコマーシャルの1シーンです。

便利な世の中になりました。

頼りがいのある(渡辺謙さんみたいな)スマートフォンのおかげで。(笑)


でも、上京する本人はスマートフォンを握りしめていても、不安でいっぱい。わずかな期待と希望を胸に秘め…といったところが、本当のところではないでしょうか。送り出した親にとっても。


■サケとマス■

サケとマス。

-----
どちらもサケ科サケ属に属する魚。漁業の都合などで名付けたため、親類関係の近さと関係なく、サケ、マスと呼ばれています。

どちらも川や湖などの淡水で生まれ、海で育ち、川をさかのぼって産卵します。



サケもマスも、海に降りないでそのまま淡水で育つものがいます。

海に降りる方を降海型、残る方を残留型、陸封型などといいます。

その比率は環境で変わります。北海道大学の帰山雅秀教授(魚類生態学)は「海と川の栄養の差で説明できる」と言います。


川で十分栄養が取れれば海に行く危険を冒す必要はありません。だから、生まれた時の人口密度が高いと海に降りる率が高くなります。

また、体が大きければエサ取りや繁殖相手の獲得に有利だから、体が小さいものほど海へ降りる率が高くなります。

海の方が生き残れる確率が少ないですが、海から戻ればより体が大きくなるので繁殖に有利です。[1]
-----


■サケとヒト■

サケ・マスにも、海に降りる型と陸に残る型がいることを知り、私たちヒトと似てるなあと思いました。

ヒトはさしずめ、上京する「上京派」と、残る「残留派」でしょうか。


サケとマスの降海型と残留型。

・川で十分栄養が取れれば海に行く危険を冒す必要はない。

・体が小さいものほど海へ降りる率が高くなる。

・海の方が生き残れる確率が少ないが、海から戻ればより体が大きくなる。

ヒトの上京派と残留派も、サケ・マスと似たような理由から二派に分かれるのかもしれません。


■それぞれの「幸せ」■

頼りがいのあるスマートフォンも携えぬまま、本能に従って大海に降りていくサケ・マス。残るサケ・マス。

期待と希望を胸に秘め、不安いっぱいで上京するヒト。残るヒト。

どちらも理由があってのこと。


それぞれがそれぞれの場でそれぞれの経験を積み、自分らしい「幸せ」を見つけられたらなあ…、と願います。

旅立ちの季節に。サケ・マスの記事を読んで。



今号も最後までご精読ありがとうございました。



◆出典・参考
[1]朝日新聞 2011/2/5 別刷e6面
今さら聞けない 「サケとマス」 同類だが呼び名はバラバラ


◆アンケート
今号の内容はいかがでしたか?おもしろかった役立ったと思う方は是非クリックをお願いします(↓)
http://goo.gl/vS6EC
クリック先からメッセージを頂けるとさらに嬉しいです。


◆あとがき
お陰様で当メルマガ150号を迎えました。いつもご愛読ありがとうございます。


それでは、次号もお楽しみに。


【HP】~幸せ未来塾~ http://k2.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/siawase_mirai/

【広場】~幸せ広場~~ http://siawase.sns-park.com/
スポンサーサイト

<< 幸せ未来学 vol.153 乗り越えられる | ホーム | 幸せ未来学 vol.148 ロッカーに見る幸せ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。