当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心痛む事故

昨日、埼玉県の流れるプールで排水口に女児が吸い込まれ
亡くなられた。

テレビで映像を見るたび、ニュースを聞くたび、心が痛んだ。
小学2年の女児と言えば、家の次女と同じだ。
同じ年頃の子供の事故・事件には、家内も敏感に反応する。

悔やまれる事故である。
我が身にふりかかったとすると、どうなるだろうかとつい考えてしまう。

なぜ柵がはずれたか?点検はしていたか?といった疑問点はあるが、
柵がはずれたことがわかった時点での対応も重要だったように思う。

・その時点で全員プールからあがるようにできなかったか?

・監視員にそういう訓練がなされていたか?

犠牲になったご家族の心中を察すれば察するほど、心が痛む。


‐‐‐‐‐
プール関係者や居合わせた利用者も動揺したことだろう。
ニュースを聞いた人も動揺しているだろう。
そう思うと、1年前のJR西日本脱線事故を思い出した。

あの時もいろいろと考えさせられた。
「利益を追求するあまり、安全が軽視されて?」
「秒・分をあらそうあまり、安全が軽視された?」
「懲罰訓練を恐れ、安全を軽視せざるを得なかった?」
‐‐‐‐‐

今回の事故も、「安全第一」がどっかで軽視されたということ
だろうか?

「xxxを重視するあまり、「安全」が軽視された。」
「△△△のため、「安全」を軽視せざるを得なかった。」
は、もうやめにしたい。

つくづくそう思った。


スポンサーサイト

テーマ : 暮らし・生活 - ジャンル : ライフ

<< スピードアップ? | ホーム | シエスタ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。