当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来のために その1

今日はちょっと大それたことを書いてみます。

「日本の日本人の未来のために何が必要か?」

題して、「未来のために その1」。

■1.毎日定時退社■
  
  働いてるお父さんお母さん、独身者、みんな労働者は残業0時間で
  夕方には家に帰る。残業は最高でも月10時間を限度とする。

暉峻淑子さんが「豊かさとは何か?」(岩波新書)という本の中で、
「残業が生活に与える影響は、残業がまったくないか、せめて月に
10時間までならば、家族の団欒、夫婦の会話、遊び、家事、育児、
学習の手伝い、趣味、身の回りのことなど、自主的で多様な生産
活動を行う余裕がある」と書いていました。だからMAXは10時間。

家族の団欒、夫婦の会話、育児、どれも必要ですよね。今そうした
時間がままならない家庭が多いのが、不幸な事件の遠因になっている
と思うのです。

働いて働いて、稼いで稼いで、たまあに贅沢して・・・は、もうやめましょう。
働いて適度に稼いで、贅沢しないけど心は豊か・・・が、未来の幸福の入り口。
そんな風に考えているのです。

平日夕方、家族団欒の夕食がとれるとどうなるでしょう?

たとえば、
1、子供の学校での出来事が聞ける。
2、それに対するお父さん自身の思い出話ができる。
3、少し教訓じみた話もできる。あるいは反省している点も。
4、子供はお父さんの子供時代の様子がわかる。
5、親子の親密度が少し増す。

これは、親子の会話による効果の1例に過ぎません。もっといっぱい
いいことはあるでしょう。

しかも、それが毎日です。
子供にとって家族にとって、毎日がそうであることが大切な気がします。

かつて、毎日子供の寝顔しか見られなかった父親として、心から今
そう思います。


スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : ライフ

<< あせらず謙虚にひたむきに | ホーム | もったいない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。