当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あせらず謙虚にひたむきに

■NBonlineメルマガ No.086■
【時事潮流】「パロマ事故で募る危機感」を読んだ。

記事によると、

数年にわたって似たような事故が起きていたが、経済産業省は
そのことに気づかなかった。

「一つひとつの事故報告書はチェックするが、複数の事故を関連
づける体制はない。共通性を見いだす作業はやっていなかった」
と経産省の担当者は言う。

「将来的に事故情報を共有できるデータベースを作りたい」として
いるが、詳細までは決定していない。

■思ったこと■

技術進歩による目に見えるプラスの効果を、急速に推し進める。
技術進歩の裏や側面にあるマイナスの部分は蔑ろにされる。

後になってマイナス部分がクローズアップされ、慌てふためくが、
時すでに遅しで、企業の信頼は限りなく失墜する。
この事故も、そんなケースの一例のように感じる。

どうしたらいいのだろう?良かったのだろう?

一つは、あせらないこと。

  機器も人間も完全はありえない。一つひとつの事故を時間を充分
  かけて分析すること。
  
二つは、謙虚であること。

  自身の製品・技術を過信せず、事故は謙虚に受け止めること。

三つは、儲け主義に惑わされないこと。ひたむきになること。

  事故原因が判明するまで、責任の所在が不明なまま、儲けに
  影響が出るかもしれない。
  儲けるのが仕事ではない。社会に貢献することが仕事なのだ。
  社会貢献の結果がありがたくも儲けになる、との心構えから、
  まずは原因の究明に全力を尽くすことだ。たとえ損をしても。

まだ、あるような気もするが、心構え的な部分で重要な点は
こんな感じだろうか?

最近、この3つの心構えなき事故が結構多い。
特に3番目の「儲け主義」優先の事故が目立っている気がする。



スポンサーサイト

テーマ : 今日感じたこと - ジャンル : ライフ

<< 勉強時間と労働時間 | ホーム | 未来のために その1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。