当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終戦記念日に思う

今日、61回目の終戦記念日を迎えた。

「日本は戦後の総括をしなければいけない」といろんなところで
言われている。

61年間も総括していないのだから、この先も総括できるか疑問だ。
であれば、各人が各人なりに調べ考察しなければならない。

戦前戦後の歴史を描いた本はたくさんある。
私は、そうした本を読んで日本近現代史を再勉強している。

前野徹さんの「新・歴史の真実」や「日本の敵は日本人」は
衝撃的だった。
  ・東京裁判は非合法
  ・GHQの顔色をうかがう知識人やマスコミ
  ・GHQの神道廃止令も非合法
  ・この廃止令により国民の精神的支柱がなくなった
  などなど。

  そして、
  戦後日本は唯一許された経済活動に邁進し、がむしゃらに
  働いて、世界第2位の経済大国になった。

経済大国は立派だが、その反面、犠牲にしてきたものや置いてきて
しまったものを、この辺で見直す必要があるのではないだろうか?
それが、歴史の総括、ひいては、未来の指針に繋がるのではないか?

‐‐‐‐‐‐

本日の「戦没者追悼式」に、戦没者の親御さんの参加はお一人だけ
だったそうだ。遠路、北海道日高から出席された101歳の方だ。
去年、一人もいなかったと知って、わざわざ今年参加されたそうだ。

その方は、言葉少なに「みんな仲良く健康な時代になって良かった」
とおっしゃられた。

我々はこの言葉をかみしめ、次の時代を築かなければならない。

‐‐‐‐‐‐‐

未来の平和のために、未来の幸福のために、
今を生きる我々は何をしなければならないか?何をしてはいけないか?

「歴史に学ぶ」ことは、たくさんあるはずなのだ。


スポンサーサイト

テーマ : 今日感じたこと - ジャンル : ライフ

<< 親の権威 | ホーム | 勉強時間と労働時間 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。