当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「しかたがない」蔓延状況

先日、『「しかたがない」ことはない!』という記事を書いた。

『人間を幸福にしない日本というシステム』という本での日本人の特質、
「しかたがない」を、未来の日本では無くしていきたいという内容で。

-------

「しかたがない」に関連する話として、ある記事を見つけた。
薬害肝炎訴訟の原告の方が、敢えて本名で訴えていると、
世間から色々なことを言われるそうだ。印象的だったのは・・・、

「お上にたてつくなんて・・・」という言葉だ。

これは、
「お上にたてつくなんて滅相もない」→「しかたがない」→「諦めなさい」
という論理が連想される。

本当に「お上にたてつくなんて滅相もない」のか?
いつからそうなったのか?お上の言うことは絶対なのか?

-------

思えば、会社でも、上記の論理はよく見かける。
「上司にたてつくなんて滅相もない」→「しかたがない」→
「上司の言う通りにしよう」

これは、「終身雇用」、つまり会社に一生お世話になる制度の元での
サラリーマンの宿命なのだろうか?

それでは進歩や発展は望めない気がする。

社会でも会社でも「しかたがない」は蔓延している。

------

遠い昔の記憶を思い出した。小学校の学級会の記憶だ。

「廊下を走らない」、「掃除をさぼらない」、・・・学校には様々なルール
がある。それを守らない生徒が多い、どうしよう?という議題だった。

生徒たちの議論を見て、担任はこう言った。
「ルールを守らないことは悪いことだ。しかし、ルールを変えることは
悪いことではない」と。

------

「ルール」を、「お上」とか「上司」に置き換えて良い気がする。

「ルール」がおかしければ、ルールを変える努力をしよう。
「お上」がおかしければ、お上を正す努力をしよう。
「上司」がおかしければ、上司を正す努力をしよう。
となるんじゃないか?

------

今、そういう努力をする人が昔より少なくなってきている。
経済が豊かになり、中流の生活ができるようになったから?
波風たてたくないから?長いものには巻かれろってこと?

ホントにそれでいいのだろうか?
未来の子供たちにとっていいのだろうか?


スポンサーサイト

テーマ : 今日感じたこと - ジャンル : ライフ

<< 「しかたがない」の源 | ホーム | ビックリ!社会人スタイル >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。