当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【親道】夫婦二人っきり

「健全な子育て」は「健全な家庭環境」に宿る。

今日は、結婚後、夫婦二人の生活について。

■結婚後の夫婦二人の生活■

子供が産まれると、それ以降は子供中心の生活となる。
赤ちゃん時代から自立するまでだから20年~30年間だ。

だから、結婚後の夫婦二人っきりの生活は、実は貴重な
期間だと思う。

子供が自立して家を出ていくと、20年~30年ぶりにまた
二人の生活に戻る。その頃には年齢は60代ころか。
その年代の「熟年離婚」が最近流行っているそうだ。

「熟年離婚」という残念な結果にならないためにも、結婚後の
夫婦二人の生活を大切にしていきたい。

■共働き■

昔は、「男が働き、女は家を守る」が一般的だったが、
今は、特に都会ではほとんどが「共働き」。

我が家も結婚後4年は共働きだった。職場は東京で横浜住まい。
朝早く出勤して、夕方7時頃帰宅して、それから夕食の準備、
大変なことだ。

DINCSという言葉も聞かなくなったが、確か「ダブル・インカム」の
略で、「2つの収入」と言う意味だったと思う。

DINCSにより経済的に余裕のあるうちに、二人の生活を実りある
ものにしたい。下記のような関係を築けたらと思う。

1、お互いがお互いのことを充分に知ることがまず第一。
2、生活の中で「助け合う」、「譲り合う」、「認め合う」関係を築く。
3、特に「男性」は、女性に対する「優しさ」を熟成したい。

そうした夫婦間の信頼関係がお互い再確認できていることは、
産まれくる子供のために必要であると感じる。

産まれてくると、テンヤワンヤでそれどころではなくなるからだ。

-------

産まれくる子供たちの未来のために、祈りをこめて。


スポンサーサイト

テーマ : 子育て・育児 - ジャンル : ライフ

<< 【親道】妊娠 | ホーム | 【親道】結婚 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。