当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【親道】命名

「健全な子育て」は「健全な家庭環境」に宿る。

今回は、子供の「命名」について。

■子供の名前って?■

今、子供の名前は、ほとんどの家庭で夫婦二人で考えて
つけると思う。

産まれる前から、「男だったらこれ、女だったらこれ」とか
色々悩むものだ。

名づけの市販本を買ってきて、字画も気にしたり、苗字
とのバランスを考えたり。

夫婦それぞれにそれぞれの思いがあって、なかなか両者
納得の名前は決まらない。おじいちゃん・おばあちゃんの
思いも入ってくるとなおさらだ。

■名付け方法は?■

「これだ!」という画一的な方法は無い。

参考までに、私の義父母の決め方(子供は私の妻だ)は、
義父が、『○子』と読みを決めて、漢字は義母に任せたそうだ。
そういう分業方法もある。夫婦二人で決めることが重要だ。

■我が家の場合は■

例にもれず、私は産まれる数ヶ月前から、通勤電車の中で
手帳に「あれもいい、これもいいなあ」と色々書いたものだ。

その数、男女それぞれ10候補ぐらいはあったろうか。

いいのが考えつくたびに、字画を調べ、妻に相談し、
反応を確認する。「あーでもないこーでもない」と話し合う。
これも生まれる前の楽しいひとときだった。

■大切にしたい言葉を■

その中で、私が重要だと思いついたことは、

  「今もこれからも『大切にしたい』言葉を一文字入れよう」

ということだった。

その理由の一つは、
産まれてくると、その子の名前を何度も呼ぶことになる。
その度に『大切にしたい』言葉を口にすることとなる訳で、
その言葉を決めた時の気持ちを再確認できるからだ。
初心に帰れるというか。

もう一つの理由は、
この子が生きていく未来においても、『大切であってほしい』
『大切であるに違いない』と願う言葉を入れたかったからだ。

■お陰さまで■

妻もその一文字に共感してくれたので、あと一文字加えて
命名はすっきり決まった。

「この言葉を大切にする子に育ってほしい」、「こんな子に
育ってほしい」との夫婦二人の思いがこもった名前になった
と思う。

■子供が少し大きくなると■

「どうして私の名前は『○○』なの?」と子供は聞いてくる。
幼稚園くらいからだろうか?

その時に親は、はっきりとその理由を説明してあげたい。

子供が友達や先生に、自分の言葉で説明できるくらいに。


スポンサーサイト

テーマ : 子育て・育児 - ジャンル : ライフ

<< 父の見舞い2 | ホーム | 家庭犬しつけインストラクター >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。