当ブログのメルマガ読者登録ができます。お気軽にどうぞ
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
こちらからもできます。内容は同じです。
幸せ未来学~100年後の世界の幸せ度を2倍にする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
携帯メルマガ「幸せ未来学」の読者登録はこちらから。。。  私塾 「幸せ未来塾」のHPをオープンしました。(2009/01)

プロフィール

山桜花男

管理人:山桜花男
ようこそ幸せな未来へ。家族(妻1・娘2)を愛し、社会を憂う50歳♂です。ご意見・ご感想などはどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

管理人:山桜花男に直接届きます。どうぞお気軽に。返信のためメアドを入力していただけると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せ未来学 vol.174 次の200年はお互い様

こんにちは。山桜花男です。

日に日に寒さが増すこのごろ。みなさん、いかがお過ごしですか?


大震災から数ヶ月。被災地以外は日常に戻った感がするこのごろ。

あらためて読み返した、ちょっと前の記事から。


■お互い様■

-----
大型連休中、多くのボランティアが訪れた被災地のあちこちで聞いたのが、「お互い様」という言葉だ。



ほんの少し前まで自助や競争が声高に唱えられていた。今、支えあいの気分が社会を動かし人々を結びつける。…人々を「共助」に駆り立てるのは何だろう。

◇ ◇ ◇

岸野さん(28)は横浜市内のカード会社のコールセンターで働く派遣社員。

大部屋を仕切った1畳ほどの空間で、顔の見えない相手と電話で話しながらパソコンにデータを入力する。

一人一人が違う仕事をし、隣席の人ともあまり話をしないで帰る時もある日常だ。夜勤の仕事を終えたその足で陸前高田に来た。


地元の人やボランティア同士が協力しながら、かけ声あり笑顔ありでやった炊き出しや、がれきの撤去作業は新鮮だった。

寝袋で寝泊りした公民館で年齢も国籍も違う人たちと夜遅くまで話し、家族や地域とは違う人と人との絆を感じたという。…「人のためというよりは、実は人とふれあってみたいという自分のためだった面もあった気がする」。手助けにいくことで自分も救われている。そんな関係に気づく。


新たな共同性への回復への思いのようなものだろうか。


市場経済化が進み、都市への人口集中や核家族化とともに地域や家族といった共同体が侵食されてきた。競争激化で余裕を失った「カイシャ」でも一体感は薄れ、社員も正規と非正規に分断された。市場を通したつながりしかない「現金結合」の関係やインターネットで情報を交換しあうことでは生きてることを実感できない。


共同体を基盤にした「互酬」や「再分配」の結びつきから、損得勘定で動く市場での「交換」が中心になった市場社会の病理を経済人類学者のポランニーはこう書いた。


人は経済的な動機だけではなく、公共的な責務や道徳、栄誉や誇り、慣習や伝統などさまざまな動機で動くのに、あらゆるものが市場で取引され、誰もが市場で所得を得て暮すようになって、人の生活までが飢えを逃れ、利潤を得ることがすべてのようになった。だが経済的動機が人間社会の最高位に君臨し、社会が経済に埋没してしまったのは、産業資本主義の時代になったこの200年ほどの特殊な現象だと----。


震災で市場経済が機能を果たさなくなった場所で、つかの間、「失われた時」の記憶がよみがえるかのように、人間社会の原風景が垣間見えているのかもしれない。

◇ ◇ ◇



「お互い様」で結びついた人々の力が、社会をつくり替えることになるのか。あるいはそれも地球規模で市場経済が広がり加速する中では、やはり見果てぬ夢なのか。


被災地を歩きながら、そんな歴史の曲がり角にいるのだ、と思った。[1]
-----


■次の200年は…■

「経済的動機が人間社会の最高位に君臨し、社会が経済に埋没してしまったのは、産業資本主義の時代になったこの200年ほどの特殊な現象」。


大震災、原発事故を超えて、次の200年は…。


「お互い様」で結び付き、「経済的な動機だけではなく、公共的な責務や道徳、栄誉や誇り、慣習や伝統などさまざまな動機で」社会が回っていく。


そんな社会への転換点、曲がり角に今私たちは立っている。…と信じてみる。


200年かかるカーブの曲がり角だから、曲がりの実感は感じにくい。感じるのはこれから…。

と、考えると、少しは心落ち着きます。


今度は、今度こそは、「曲がり方を間違えないよう」、心をこめて、祈りをこめて、社会を、自身を、確かめ見つめ続けていきたいもの。

そんな風に思います。



今号も最後までご精読ありがとうございました。



◆出典・参考
[1]朝日新聞 2011/5/15 オピニオン面 ザ・コラム
「震災ボランティア 失われた「お互い様」求めて」
西井泰之氏(編集委員)


◆アンケート
今号の内容はいかがでしたか?おもしろかった、役立ったと思う方は是非クリックをお願いします(↓)
http://goo.gl/5iWud
クリック先からメッセージを頂けるとさらに嬉しいです。


◆あとがき
来週は12月。寒く忙しない季節に、心は暖かくゆったりと過ごしましょう。


それでは、次号もお楽しみに。


【HP】~幸せ未来塾~ http://k2.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/siawase_mirai/

【広場】~幸せ広場~~ http://siawase.sns-park.com/

幸せ未来学 vol.173 経済成長見直そう

こんにちは。山桜花男です。

しばらくご無沙汰し失礼しました。PCが故障入院から無事退院してきましたので、また再開しますネ。


この数週間、TPPのニュースがテレビを賑わしました。

観ていて感じたことを代弁してくれる記事に出会いました。


■「経済優先」見直そう■

-----
TPP「経済優先」見直そう[1]

脱原発か否か、環太平洋経済連携協定(TPP)参加か否か。論の対立構造に根深く存在するのは、経済を最優先するかどうかということだ。


原発再稼動をせず、さらに原発輸出の動きも鈍くなれば、日本経済の成長は困難になろうし、国民生活の快適度は後退するだろう。

TPPに参加しなければ、輸出依存度の高い我が国の製造業は苦境に立たされ、経済が冷え込む可能性は大きい。しかし、国民が必要とするものは、果たして経済成長なのか。


TPPに参加するとなれば、米国流の市場原理主義が我が国の農業や医療分野を席巻する可能性が否定できない。

食糧安全保障や環境保全といった公益的機能を持つ農業や、国民の生命・健康に直接関わる医療に市場原理主義はなじまない。

先進国の中でも低い食料自給率をさらに減らし、その上、遺伝子組み換えかもしれない輸入食物に依存するような生活になってもよいのだろうか。

米国のように貧富によって医療の差が生じることになってよいのだろうか。


国民の中には、快適性・利便性ばかり追求する物質的に豊かな生活から決別してもよいと思っている人も多いのではないか。[1]
-----


「は~い。決別してもよいと思っている人、ここにいま~す」って、思わず答えちゃうほどです。


『原発を今後どう考えるか?』の議論も尽くされないうちに、今度は、『輸出入・関税を今後どう考えるか?』。

上記2者どちらの「根っこ」にある『経済成長を今後どう考えるか?』。


決別するには、勇気が要ります。覚悟も必要です。

決別しないのであれば、別の覚悟が必要かもしれません。


折りしも、国民総生産量(GNP)より国民総幸福量(GNH)を重要視するブータン国・国王夫妻が来日し、福島で京都で、その慈悲深さを示してくださっています。


ブータン国に学ぶべきところは学びつつ…。

「根っこ」の議論を始めるべきときなんじゃないでしょうか。3・11以降の我が国ニッポンは、特に。



今号も最後までご精読ありがとうございました。



◆出典・参考
[1]朝日新聞 2011/11/16 オピニオン面 「声」欄
「TPP『経済優先』見直そう」
医師 男性 群馬県太田市 56歳


◆アンケート
今号の内容はいかがでしたか?おもしろかった、役立ったと思う方は是非クリックをお願いします(↓)
http://goo.gl/5r6Lq
クリック先からメッセージを頂けるとさらに嬉しいです。


◆あとがき
久しぶりの当メルマガは短めでした。
街はX'masイルミネーション。ゆっくり年末ですね。


それでは、次号もお楽しみに。


【HP】~幸せ未来塾~ http://k2.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/siawase_mirai/

【広場】~幸せ広場~~ http://siawase.sns-park.com/

幸せ未来学 vol.170 昔はこうじゃなかった…

こんにちは。山桜花男です。

9月。シルバーウィーク。みなさんはいかがお過ごしですか?

ここ数日、「昔はこうじゃなかった」と嘆く記事に目が留まりました。


-----
■孫に遊具の手作り教えたいが■[1]

孫の男の子2人に会いたくて千葉県のマンションを訪ねたら、部屋にプラスチックの玩具が所狭しと置いてあった。

ままごとセットからミニ滑り台までカラフルで安全な作りに感心しつつ、私の子どものころがよみがえった。

遊具はほとんど自作で水鉄砲やそり、初めて見た重機を板切れで模したのが懐かしい。


ノコギリや小刀などを使うのも遊びの一部で、指を傷つけたこともしばしばだ。


おもちゃ売り場の製品しか知らない現代っ子はかわいそうだ。

あれこれ工夫して完成させる喜びを体験したことは後の人生に生きている。

孫に手ほどきしたいが、里帰りが年数回ではままならず、祖父の存在感を示す機会がない。寂しい。
-----

いかがですか? キーワードを取り出してみると…

 昔:自作、傷、工夫 → 喜び

 今:安全、カラフル → かわいそう、寂しい


子供のおもちゃの今昔に、時代の変遷を感じます。急激なる。


もうひとつの記事は…(↓)。


-----
■電子化でも血の通った診療を■[2]

昨年から病院通いをしている。長期の通院は40年ぶりだが、最近の病院のシステム化には驚かされる。

診察順はコンピュータ管理され、長時間待たされることもない。

私の場合、いつも支払いは自動支払い機で、薬は調剤薬局で、という流れで、無駄が全くない。

しかし、一方で、肝心の診療がパソコンに振り回されているのではないか、という疑問を感じた。


医師はパソコンから目を離さず「どうですか」と聞いてくる。

病状を電子カルテに入力するのに精いっぱいで、患者と視線を合わせようとしない。

診察らしい診察はなく、初めて振り向いたと思ったら言ったのは「次の予約はいつにしますか」だったことも。


昔はこうではなかった。

顔をじっと見て顔色や目の輝きを確認し、首筋などにも触診した。

その間の会話から生活状況や性格も考慮し、治療方針を決めていたように思う。


世はネット社会となり、患者は自分の病気について、とことん調べてくる。だから医師のの側は大変だ。

だからこそ、生身の人間として血の通った診療を求めたい。
-----

こちらもキーワードを取り出してみると…

 昔:触診、生身 → 血の通った
 
 今:管理、自動 → 精いっぱい

病院の診療の今昔にも、急激なる変遷を感じます。


■この変遷は…■

この変遷は、どうやら産業革命以来のこと。

技術革新が進むほど、そのスピードが加速されるほど、変化の度合いは激しくなっているような気がします。

コンピュータやインターネットの発達により、加速度はさらに増してきています。

その速度は速すぎて、その度合いは激しすぎて、止めることや緩めることは、誰にもできません。

このままでいいんでしょうか?

いったいどうしたらいいんでしょう?


■新しい価値観■

と、みなさんに問いを投げかけるしかないのかなあと思っていたら…。

最近のニュースで。

この夏、『50代、60代でクールビズ進展』とのこと。


時代や気候の変遷に伴う「新しい価値観(クールビズもその一つ)」が浸透し、徐々に実践されていく例かなあ、と思い。

昔に戻ることはできないけれど…、

「変遷に伴う新しい価値観は生まれてくるのかなあ」

「それがいい方向に向っていけばいいなあ。そうしなきゃなあ」

そう思うことで、今日のところは折り合いをつけることにしました。

みなさんはいかがですか?


今号も最後までご精読ありがとうございました。



◆出典・参考
[1]2011/8/28 朝日新聞 「オピニオン」10面 声
孫に遊具の手作り教えたいが 和歌山県有田市 男性 66才

[2]2011/8/29 朝日新聞 「オピニオン」12面 声
電子化でも血の通った診療を 東京都世田谷区 女性 51才


◆アンケート
今号の内容はいかがでしたか?おもしろかった、役立ったと思う方は是非クリックをお願いします(↓)
http://goo.gl/mPcx9
クリック先からメッセージを頂けるとさらに嬉しいです。


◆あとがき
残暑の中、運動会練習で熱中症のニュースも。みなさんもご注意を。


それでは、次号もお楽しみに。


【HP】~幸せ未来塾~ http://k2.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/siawase_mirai/

【広場】~幸せ広場~~ http://siawase.sns-park.com/

幸せ未来学 vol.168 私達の忘れ物"リズム"

こんにちは。山桜花男です。

のろのろ台風がやってきました。被害はありませんでしたか?


前号に引き続き、「まなぶ、教育、学校、家庭」に関する話です。


■塾にあって今の学校にないもの■

前号の宿題。「塾にあって今の学校にないもの」ってどんなことだろう?

筆者はこうおっしゃいます。


-----
■制度が殺したリズム■[1]

それでは塾にあって今の学校にないもの、家庭で分担できると人びとが考える教育の部分、かりに全人格的教育といったものは、もっとつきつめていえば何なのだろう。

結論を先にいうと、現在の学校が潰してしまっているものは身体のリズムではないかと思う。身体のリズムを大切にした教育こそ、現代日本(そして欧米も)の教育が忘れているのではないか。

当今、学校は何よりも「制度」として存在する。教育は義務として納税の義務と並んでいる。

義務ときくと体がうきうきしてきて、リズミカルになる人はいるか。・・・(いないだろう。いるわけがない。)明治の亡霊のような「義務」の考えは、今や忘れた方がいい。

段階学習のステップがきちんと定められているから安心していられると思うのは錯覚で、一律主義についていけずに苦しむ子、いつも退屈な子がいる。ボタンのかけ違いのように学校生活をすごす子が出るのは目に見えている。

集団登校から一斉授業、カリキュラム、単元、制服、何と整然としていて美しいことか。


しかし家庭での両親は子を一人ひとり全部ちがう者として、それぞれ上手にそだててやろうと思っている。親子が制度であるはずはない。それぞれの子がそれぞれの道を歩んで、それぞれ優劣なく人生の幸せをつかんでほしいと思うのがすべての親であろう。

この子そだては、子が個別にもつ身体のリズムをうまく生かしながら、リズムをより大きく、より快く、よりたしかで力強いものにしようとしているのだと思う。それを今までやってきたのが、やはり塾だった。

(略)

つまりは、外から働きかけて身体のリズムをととのえ、いのちをリズミカルにする訓練が教育なのだろう。
-----

■義務とリズミカル■

『義務ときくと体がうきうきしてきて、リズミカルになる人はいるか?』

確かに。

「義務」は、自由が無くリズミカルではなさそうですね。


『明治の亡霊のような「義務」の考えは、今や忘れた方がいい。』

その通り。その潔い言葉に、清々しい思いすら感じます。


■みんな違ってみんないい■

一方。

『家庭での両親は子を一人ひとり全部ちがう者として、それぞれ上手にそだててやろうと思っている。親子が制度であるはずはない。それぞれの子がそれぞれの道を歩んで、それぞれ優劣なく人生の幸せをつかんでほしいと思うのがすべての親であろう。』

これも確かに。

我が家の娘2人を見ても、それぞれが独自の個性があります。

親はそれぞれに対して、それぞれにとってより効果的な「ほめ方や叱り方」を適時見つけて、育てているような気がします。


■リズミカルにする訓練■

「勉強しろ、勉強しろ」と一律に押し付けるよりも…。

「勉強はほどほどでもいいから」…、
『外から働きかけて身体のリズムをととのえ、いのちをリズミカルにする訓練』が、本当は求められている教育なんでしょうね。


ところで。

子供の前に…。
私達大人は…、「リズミカル」でしょうか?

今一度見つめ直したいものです。


もしも、誰もリズミカルにしてくれないのなら、リズミカルになる方策を自ら見つける、探すことも必要かもしれません。


「韓流スター」に熱狂する女性達。とても生き生きしてます。リズミカルになる方策を見つけちゃってるのかもしれません(微笑)。



今号も最後までご精読ありがとうございました。



◆出典・参考
[1]日本人の忘れもの〈1〉 (ウェッジ文庫)
中西 進 (著)
http://goo.gl/rH1iv


◆アンケート
今号の内容はいかがでしたか?おもしろかった、役立ったと思う方は是非クリックをお願いします(↓)
http://goo.gl/B1iTG
クリック先からメッセージを頂けるとさらに嬉しいです。


◆あとがき
台風が過ぎると季節は変わっていくのかも。梨がおいしい季節ですね。


それでは、次号もお楽しみに。


【HP】~幸せ未来塾~ http://k2.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/siawase_mirai/

【広場】~幸せ広場~~ http://siawase.sns-park.com/

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。